昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

iPhoneよりもAndroidを選びたくなる「超便利アプリ」知っていますか?

このためにAndroidから離れられない人もいるでしょう

2019/07/12

 昨今のスマートフォンは、iPhoneとAndroid、この二大勢力がシェアのほとんどを占めており、新しくスマホアプリがリリースされる時も、この2つのプラットフォーム向けに揃って用意されるのがお決まりです。

 もっともAndroidには、iPhoneにはない、Android独自のアプリが少なからず存在します。理由はアプリストアの審査の難易度が異なるためで、グレーな挙動は基本的にNGのiPhoneに比べ、Androidは自由度が高く、便利なアプリが、ジャンル単位で存在していることもしばしばです。

 今回はそうした中から、iPhoneでは今後もリリースされる可能性が低く、Androidだけの特権となっているアプリのカテゴリについて、その代表的なアプリとともに紹介します。iPhoneユーザの人も、Androidとの2台持ちをする機会があれば、ぜひ試してみてください。

 

とっさの大事な電話も残せる「通話録音アプリ」

 最初に紹介するのは、電話の会話内容を録音できるアプリです。

 海外の一部の国では、相手の同意なく通話を録音することを法律で禁じていることもあり、iPhoneアプリは録音機能をサポートしておらず、三者通話サービスを使うか、あるいは外部デバイスを使ってスピーカーから聞こえる声を直接録音するしか方法がありません。しかしAndroidであれば、アプリひとつで録音が可能です。

通話録音をオンにしておくと、電話での会話の内容を自動的に録音してくれる「通話レコーダー

 実はこの機能、Android 9以降では相手の音声が聞き取りづらくなったり、また一部アプリではこれまで可能だった相手先情報の表示ができなくなるなど、以前に比べると使い勝手は低下しています。とはいえ、ビジネスでの重要な契約にまつわる話や、あるいは悪戯電話を証拠として残す場合などにニーズがあるのは間違いなく、このためにAndroidから離れられない人もいるでしょう。

必要な録音ファイルについて、相手先の名前をつけて保存しておけます