昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

同級生は「ツンデレな性格だった」

 もちろん、男子生徒にはよくモテた。

修学旅行先での記念写真

「中学のときはツンデレな性格だった。休みの時間はバスケ仲間の女友達とよくつるんでいました。スタイルもよくて、男子生徒からすると、ちょっと声をかけづらい雰囲気。それでも中学3年生のときは、毎朝のようにすずの自宅まで、何人もの男子が自転車で迎えに行き、一緒に通学していました。

 仕事で東京に行くことが多かったのですが、静岡と東京の往復が大変で、友達には『東京は慣れないから、静岡のほうが暮らしやすい』と話していたそうです」(別の同級生)

体育祭の組み立て体操
俊足で体育祭を盛り上げた

父親は会社で「娘が主演で朝ドラに出ます」

 劇中で、なつは「アニメーターになりたい」と高校卒業後に上京するが、広瀬は中学卒業後に静岡を離れた。

「実は、すずちゃんが小学校5年くらいの時にお父さんが病気で倒れてしまった。家は大変だったと思うんですが、彼女は明るくいつものように振る舞っていた。今ではお父さんも体調が回復して、地元企業で働いていますよ。時々、アリスちゃんが静岡に来て、お父さんとご飯を一緒に食べているそうです。すずちゃんは忙しくてなかなか戻ってこられないみたいですが、お父さんはすずちゃんがドラマや映画に出るのがとてもうれしいみたい。会社では『娘が主演で朝ドラに出ます』『今度は映画に出ます』などとメモを作って、みんなの机の上に配って置いているそうです」(別の近隣住民)

 ウッチャンの語りのように、故郷から実父も応援していた。「がんばれ、すず!」。

夏用セーラー服は劇中の制服に似ている

2019年上半期 エンタメ部門 BEST5

1位:森高千里50歳に 「短すぎる!」と反対されたミニスカートをはき始めた理由
https://bunshun.jp/articles/-/13288

2位:「なつぞら」そっくり!? 広瀬すず 静岡が生んだ“伝説の美少女”青春時代の写真8枚
https://bunshun.jp/articles/-/13287

3位:「背が高いことはコンプレックスでした」身長176cm、仲村トオル・鷲尾いさ子夫妻の娘・ミオが初グラビア
https://bunshun.jp/articles/-/13285

4位:最終回から1年 『めちゃイケ』片岡飛鳥の告白「山本圭壱との再会は最後の宿題だった」
https://bunshun.jp/articles/-/13284

5位:「朝ドラに革命を起こした」あのヒロインが堂々1位 『好きだった朝ドラ女優』アンケート結果発表
https://bunshun.jp/articles/-/13392

この記事の写真(9枚)

+全表示