昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「朝ドラに革命を起こした」あのヒロインが堂々1位 『好きだった朝ドラ女優』アンケート結果発表――2019上半期BEST5

2019年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。エンタメ部門の第5位は、こちら!(初公開日 2019年2月11日)。

*  *  *

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』は、1961年より続く「朝ドラ」記念すべき"100作目"。

 新人俳優の登竜門として、様々な人気俳優たちを輩出してきた「朝ドラ」ですが、皆さんの心に最も残る「朝ドラ女優」は誰でしょうか?

 文春オンラインでは、4月2日~4月15日の2週間にかけて『あなたが考える「好きだった朝ドラ女優」』をメルマガ会員を対象にアンケートを行いました。投票総数は1406票、10代~90代の幅広い世代の男女にご参加いただきました。

みなさんの記憶に残る「朝ドラ女優」はだれ? ©文藝春秋

◆◆◆

あなたが考える「好きだった朝ドラ女優」を好きだった順に3名挙げて、それぞれ理由もあわせてお答えください。​

◆◆◆

 圧倒的な得票数で、『あまちゃん』の能年玲奈(のん)が1位となった。『あまちゃん』は、現在放送中のNHK大河ドラマも担当している脚本家・宮藤官九郎が担当。劇中、能年玲奈(のん)演じるヒロイン・天野アキが驚いた時のセリフ「じぇじぇじぇ」はその年の流行語大賞にも選ばれた。

 2位には、波瑠(『あさが来た』)と有村架純(『ひよっこ』)が僅差だが、大阪を拠点に実業家、教育者として「日本最初の女子高等教育機関」を設立した広岡浅子をモデルとして演じた波瑠がランクインした。

 その他にも、平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%といういまだ破られていないテレビドラマの歴代最高視聴率を持つ『おしん』よりヒロインの幼少期を演じた小林綾子が6位、朝ドラヒロインにて初の外国人女性となったシャーロット・ケイト・フォックス(『マッサン』)が15位にランクインしている。

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』にて、ヒロインのなつが身を寄せる柴田牧場の母親役を演じている、松嶋菜々子(『ひまわり』)も19位に入った。

 集計したランキングより、上位20名を挙げた回答者の理由を紹介し、最後には「朝ドラ」をよく知る方々にコメントを頂いた。