昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/09/14

「女性の腰回りがいちばん美しい」

『白亜』に出てくるのは、10代の純粋な美少女ばかり。彼女たちが、愛と狂気の同居した、エロティックで不思議な世界をたゆたうさまを描き出している。もともと愛☆まどんなはこれまでの絵画作品でも、少女ばかりを描いてきた。その理由をご本人に聞けた。

 

「わたしは少女しか描きたくないんです。男性を描こうとすると拒否反応がおきてしまって、ムリ。女の子が持っているあのやわらかい線が好きで、それを描くのがやめられない。とくに腰回りを描くのが生きがいですね。何も身につけていない女性の腰回りが、この世でいちばん美しいと思っています。

 いつもそのままの腰回りを描きたいですが、状況的に何もはいていない絵じゃまずいかなというときには、パンツをはかせていますね。

 

 わたしは卑猥で下品なものは好きじゃなくて、そういうことを描こうとしているつもりはまったくありません。もっと単純に、『きれいでしょ、見て見て!』って感じで描いているだけですよ」

 純粋にやりたいことを十全にやり尽くして、その成果をすべて詰め込んだのがこの一冊ということになる。これをアート作品と呼ばずして何と言おうか。ページを繰るたび飛び出してくる愛☆まどんなの創作魂に、本を手にしてじっくり触れてみよう。

 

写真=吉屋亮

INFORMATION

 
 
 

『白亜』

原案・作画=愛☆まどんな
原作=山田玲司

株式会社STOKE 発行

https://aimadonna-hakua.com/

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z