昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

12万人が沿道に溢れた「即位パレード」 天皇陛下と皇后雅子さま“笑顔の30分間”

genre : ニュース, 社会

 天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が11月10日に行われた。天皇皇后両陛下は午後3時、トヨタ自動車の「センチュリー」を改造したオープンカーに乗り込み、皇居宮殿を出発。沿道に集まった大勢の人々に笑顔で手を振りながら、約4.6キロのコースを時速10キロほどのスピードで進み、午後3時半ごろ赤坂御所に到着された。沿道には約12万人が集まり、日本中が祝福のムードに包まれたパレードの模様をレポートする。

皇居前広場で沿道の人々からの祝意に応えられる天皇皇后両陛下 ©文藝春秋

◆◆◆

雅子さまは白いロングドレスにティアラを

 天皇皇后両陛下は、午後3時ごろ宮殿の南車寄せにお出ましに。陛下は燕尾服姿、皇后雅子さまは白いロングドレスにティアラを身に着け、即位を祝って作られた行進曲「令和」の演奏とともに出発された。

南車寄せでパレードの始まりを待つ車列 ©JMPA
両陛下は午後3時ごろお出ましに。にこやかに言葉を交わされる場面も見られた ©時事通信社

 

オープンカーに乗り込む両陛下 ©JMPA
宮内庁と皇宮警察の職員に見送られて出発された ©JMPA