昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/11/17

リーダーになったのは最年長だから……ではない

 城島茂バンドは、彼が20歳になるかならないころに、外国でもすぐ日本のバンドとわかるようにと「TOKIO BAND」と改称、松岡昌宏がドラマーとして参加する。さらに城島とミュージカルで共演した国分太一がキーボードを操れるというので、当然のごとくバンドに誘った。最後に、まだ中学生だった長瀬智也が加わり、当初はタンバリン、のちにギターとボーカルを担当するようになる。この間、1990年にグループ名を現在のTOKIOに改め、1994年、シングル「LOVE YOU ONLY」をリリースし、CDデビューを果たした。

 城島はTOKIOのリーダーである。てっきり最年長だから自然とその任に就いたのかと思いきや、そうではないらしい。きっかけは、ロケバスのなかで弁当をめぐって争っていたところ、同乗していた少年隊の植草克秀から「君たち騒々しいぞ。リーダーは誰なんだ? ちゃんと仕切らなきゃダメじゃないか」と叱られたことだった。それから議論した結果、一番民主的な方法で指導者を選ぶことになる。その方法とは、じゃんけんだった。城島はグーを出して負けて、リーダーに選ばれる。その途端、怒られるのはもっぱら彼の役目になった。これではかなわないと、メンバーに日替わり制を提案するも一蹴される。あきらめて、逆に職務をまっとうしようと思い直すと、出演番組は録画してメンバーの表情やセリフ回し、動きをチェック、ステージ衣装や演奏の曲順、アレンジにも口を出した。まだ専属のマネージャーがいなかったこともあり、スタジオの予約や食事の手配もこなしたという(※1)。だが、その後、メンバーが成長し、自主的に動くようになると、城島がそこまでやる必要はなくなった。それでも「リーダー」は彼の代名詞として、ファンのあいだにも定着している。

山口達也の不祥事の際、会見を開いたTOKIOのメンバー。左から長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 ©文藝春秋

「仮にも城島はアイドルTOKIOのリーダーですよ」反対した企画

 現在も続くTOKIOの人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)は1995年、深夜枠で始まった(当初は頭の「ザ!」はつかなかった)。同年にはSMAPもやはり深夜番組の『SMAPのがんばりましょう』(フジテレビ)でメインを務め、これが翌年、月曜プライムタイムの『SMAP×SMAP』へと発展する。『SMAP×SMAP』が、トークにコントに音楽にと徹底的につくりこまれたバラエティ番組だったのに対し、『鉄腕!DASH!!』は当初よりTOKIOのメンバーがさまざまなことに挑む様子を追うドキュメンタリー形式をとった。放送2年目には、城島が番組の企画でクレーンの運転免許を取得している。2つの番組からは、グループおよび局のカラーの違いが見てとれて興味深い。なお、『鉄腕!DASH!!』が現在の日曜ゴールデンに移動したのは、1998年4月である。