昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ただのおじさん」城島茂49歳に TOKIOのリーダーになった「意外な理由」とは

11月17日はTOKIO城島茂の誕生日です

2019/11/17

 ここ数年、ジャニーズ事務所の世代交代が著しい。2016年のSMAPの解散に始まり、昨年から今年にかけては滝沢秀明が引退して関連会社の社長となり、さらにジャニーズ事務所の副社長にも就任。これと前後して今年1月には、嵐が来年末をもって活動休止すると発表した。先ごろ出場歌手が発表された今年の大晦日の紅白歌合戦では、ジャニーズ勢からは11回目の出場となる嵐(メンバーのうち櫻井翔が白組司会を務める)のほか、出場8回目の関ジャニ∞、3回目のHey!Say!JUMP、2回目のKing&Princeに加え、Kis-My-Ft2が初出場を決めた。関ジャニ∞はすでにベテランの風格が漂い、Hey!Say!JUMP、キンプリ、キスマイも、その地位を盤石のものとしつつあるようだ。

 そのなかにあって、今年でデビュー25周年を迎えたTOKIOは、昨年5月に山口達也が不祥事でグループを脱退して激震が走ったが、ここへ来てリーダーの城島茂が今年9月にグラビアアイドルの菊池梨沙との結婚を発表、来春には第1子が出産予定とも報告し、久々に明るい話題で注目された。きょう11月17日は城島の49歳の誕生日である。

49歳の誕生日を迎えたTOKIO城島茂 ©文藝春秋

光GENJIのバックダンサーから「城島茂バンド」結成まで

 1970年生まれの城島は、先にブレイクした光GENJIの諸星和己や佐藤寛之と同い年ということになる。千葉県生まれの奈良県育ち。1985年、テレビで見た少年隊に魅入られ、芸能界こそ進むべき道だと思い立ち、ジャニーズ事務所に履歴書を送った。当時のジャニー喜多川社長の面接を経て、翌年、高校1年で入所する。やがて光GENJIのバックダンサーグループとして結成された「平家派」に所属しながら、テレビにも出演し始めた。

 もっとも、肝心のダンスは苦手だった。その代わり、高校時代、同級生に誘われて文化祭でバンドを組んだときに必死に練習したおかげで、ギターは弾けた。ちょうどそのころ、ベースを弾けるという山口達也と出会い、2人で「城島茂バンド」を結成、光GENJIのバックを担当する。ただし、バックミュージシャンとしての仕事はあまりなかった。