昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

エロとバカの丸出し

『人生エロエロ』 (みうらじゅん 著)

2016/06/30

source : 文藝春秋 2014年6月号

genre : エンタメ, 読書

 因みに彼女の安否だが、本書では熟女として登場する。無事でよかった!

 その後、素材がソフビからシリコンへと進化し、ラブドール時代になると、昨年、みうらさんは「絵梨花」と重婚した。盟友・リリー・フランキーに至っては、ラブドールの彼女「理々香」を同伴して『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに登場し、新宿アルタを凍てつかせている。(前日の電話紹介で、「噂の彼女を連れて来てくださいよ!」とリリーさんにお願いしたのは、実はボクだったりする)

 結果的には「エロ・テロ事件」を誘発させた責任を感じなくもないが、かつてはボクだって、みうらさんのおかげで「エロ災難」に遭ったことがある。

 あれはボクが30代の頃、みうらじゅん原作『やりにげ』のポルノ系Vシネマの主演に抜擢され、AV女優と次々と濡れ場を演じたときのことだ。

 初めてのベッドシーンに挑む際に助監督から“前バリの流儀”を聞かされた。それは、「勃たない自信があるなら“竿”を下向き、そうでないなら上向き」というポール・ポジションのコツであった。

「まさか擬似セックスで勃ちませんよ!」と豪語し下向きに貼ってもらったが……本番はギン勃ち!! テープは剥がれモロ出しとなり即NG。しかもあまりの興奮に前バリに大きなシミを残すという、人生の汚点を残した――。

「童貞を喪失したからって何もアマからプロになれたわけじゃない」

 本書にもあった言葉が、今となっては天から啓示のようにボクに響くのだ。

 そういえば以前、高田文夫先生がラジオでこんなことを喋っていた。

「この間、みうらじゅんが、四谷で乳母車を押してるところ見かけたんだよ! 長髪でサングラスの怪しい初老の男だろ。あれ、誰が見ても変態の誘拐犯だよ!」

 この話を聞いた時、ボクは大笑いしながら、改めて、みうらさんにもまともな家庭生活があることを思い知った。

 なにしろ「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」という事実を毎週、書いている人だけに、むしろ残りの3分の1のエロ以外の部分の方が、他人からは異常に見えるのだから不思議なものだ。

 はたして、みうらさんでも、包み隠した秘部(プライベート)を知られると羞恥心に駆られてしまうのだろうか?

 いや何も怖くないはずだ。

 あのお経さえ唱えていれば――。

 

 思い出してごらん、思い出してごらん、ジョン・レノンすら包茎だったことを。

 

 古来エロと笑いは隣に同衾している。

 本書は老いも若きも枕頭に置くべき、いやチン頭に置くべきエロ経典である。

人生エロエロ (文春文庫)

みうら じゅん(著)

文藝春秋
2016年6月10日 発売

購入する