昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

WeWorkを“アカデミー賞脚本家”が映画化! 孫正義の登場シーンに注目が集まる

皆さんのお金をこの人たちに託して大丈夫ですか?

2019/12/16

その先にある“支配・搾取・疎外”の社会

 観客はいったいどんな感想を持つだろうか。株主から預かっている資金や銀行から借りたお金をあたかも自分のもののように、ごく少人数で、しかも1兆ドル単位で動かす様子は、この世のものとは思えないだろう。年金の運用にソフトバンクの株や債券を買った人や、これらの企業に大金を貸し込んでいるメガバンクの預金者に対して、「皆さんのお金をこの人たちに託して大丈夫ですか?」と問いかけるならば、そこに一番の意義が生まれるかもしれない。

ウィーワークのパンフレット

 筆者は「文藝春秋」1月号および「文藝春秋digital」に「ウィー事件」の顛末に関する記事「孫正義はバブルに飲み込まれた」を寄稿したが、最も懸念することは巨額の資金やAIという単語を振り回す人々の心のあり方だ。

出典:「文藝春秋」1月号

「ウィー事件」を見ていると、人類は幸福になるどころか、大多数の人がほんの少数の人の巨大なエゴに振り回されていることに気づく。その先には、人々が支配・搾取・疎外される社会が来るかもしれない。そう思うと恐怖に慄く。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z