昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

AIが書いた小説を特別公開。創作方法も解説します

『人工知能の見る夢は AIショートショート集』からみえるAIの現在

2017/05/10

 私はF恵。普段は将棋の棋士AIとして働いている。私はあらゆる手を想定でき、未だに負けたことが無い。今日、私は人狼テストを受けさせられることになった。このような遊びをして何の意味があるのだろう。開発者はやる気だが、私はあまり乗り気ではなかった。  

 プレイヤーは全部で10人。A太、B香、C子、D亮、E美、G郎、H夫、I子、J也、それと私F恵だ。有名なAIばかり。同じAIとして負けたくない。  

 テストが始まった。私の役職は「人狼」だった。下手なことをしないように気をつけよう。  

 もう一人の人狼はG郎だった。私はG郎をちらりと見て、さりげなくお互いを確認した。  

 1日目。C子が占い師だと名乗り出た。つづいて、J也が霊媒師だと名乗り出た。C子は占いの結果、A太が人間だったと伝えた。誰を処刑するべきか意見は様々あったが、投票の結果、B香が処刑されることになった。私はC子を襲撃することにした。しかし、襲撃は狩人に防がれてしまった。  

 2日目。D亮が霊媒師だと名乗り出た。C子は占いの結果、I子が人間だったと伝えた。J也は霊媒の結果、B香が人間だったと伝えた。D亮は霊媒の結果、B香が人間だったと伝えた。会議の中で霊媒師を疑う声が上がり、J也が処刑された。私はI子を襲撃することにし、襲撃に成功した。  

 3日目。C子は占いの結果、G郎が人狼だったと伝えた。D亮は霊媒の結果、J也が人狼だったと伝えた。会議の中で霊媒師に嘘付きがいるという声が上がり、D亮が処刑された。私はA太を襲撃することにし、襲撃に成功した。  

 4日目。C子は占いの結果、E美が人間だったと伝えた。投票の結果、仲間のG郎が処刑されてしまった。これで残る人狼は私だけとなった。私はE美を襲撃することにし、襲撃に成功した。  

 5日目が始まった。ここまでゲームが進行し、生き残っているのは、C子、私、H夫のたった3人だけとなった。今日の処刑で勝敗が決するというのは誰の目にも明らかだ。互いに見合っている目には緊張の色がうかがえた。  

 残りは三人。この最後の処刑を生き残れば私の勝利だ。一番の懸念事項は占い師の可能性の高いC子が生きていることだ。  

 会議の始めにC子が占いの結果について話した。

「占いの結果、F恵は人狼だった」  

 この最終局面で人狼であることを占い師に看破されてしまった。しかし、占い師が生き残ってしまった以上それはしょうがないことだ。私はまだあきらめていない。

「人狼は、F恵だ。F恵を処刑したら人間の勝利だ」

 C子は言った。いやまだ、勝利を宣言するには早いだろう。私は反論した。

「C子こそ人狼だ。占い師だったらとっくに人狼に襲撃されているはずだ。本当は人狼だからこそ襲撃もされずに生き延びているのではないか」  

 投票は多数決。せっかくの占い師も、H夫から信用が得られなければ、勝利することはできない。さらに、H夫にはC子が間違いなく占い師であると判断できるだけの証拠はないだろう。C子へ疑いを持たせることさえできれば、C子を処刑できる可能性もある。  

 それからしばらく沈黙の時間が流れた。その間にいろいろな可能性が頭の中を巡る。もしかしたらC子は狂人かもしれないという考えも思いつくが、ここはおとなしくすることにした。そのまま会議の時間は終了し、投票となった。H夫はどちらに入れるだろうか。私は祈るように結果を待った。