昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「東京五輪の札幌マラソン、変則3周ってどうなの?」北海道マラソン優勝3回・千葉真子に聞く

2020/01/04

 札幌市で実施される東京オリンピックのマラソンコースが12月19日、とうとう決定した。

 後半のコースは10kmを2周する。事前に決まっていた20kmを1周する前半と合わせて、札幌市の中心部を変則的に3周することに。果たして「変則3周」というのはどんなコースなのだろうか。

 現役時代同じく札幌を舞台にする「北海道マラソン」で3度の優勝を経験しているスポーツコメンテーター・千葉真子さんに聞いた。

決定された五輪コースではスタートしてすぐにすすきのを通過する ©iStock.com

◆◆◆

札幌の人たちに「移転してもいいですか」と聞く暇もなかった

 11月に入って急に「東京五輪のマラソン、競歩が札幌に」という話が進み、札幌の人たちには「移転してもいいですか」と聞く暇すらありませんでしたよね。地元では困惑の声が広がったとも聞いています。

 そういった中でのコース選定。コース前半の「市街地の約20kmを1周する」というのは札幌市の意向だったと聞いていますから、これが導入されて良かったとほっとしています。

 さっぽろテレビ塔をバックにスタートし、すすきの、中島公園、北海道大学に赤れんが庁舎……市内の観光名所を走るコースですから、札幌の素晴らしさを世界に向けて発信できますよね。ゆくゆくはこの20kmをベースに“五輪メモリアルハーフマラソン”のような「レガシー」を札幌に遺すことも期待できます。

決定された東京五輪の札幌コース。すすきの、中島公園、北海道大学に赤れんが庁舎と札幌の名所を巡る、変則3周コース

「北海道マラソン」で感じた“札幌の人たちは応援が上手い”

 私は2001年、04年、05年と「北海道マラソン」で3回優勝させてもらっていて、札幌はランナーとしてもすごく思い入れの強い場所です。現役で15回レースを走ったうち、じつに4回が札幌だったんです。06年の引退レースも「北海道マラソン」を選びました。

「北海道マラソン」は五輪と同じく8月に毎年開催されるのですが、30年以上の歴史ある大会で運営や応援の実績もあります。

北海道マラソンで01年、04年、05年と優勝している千葉真子さん ©共同通信社

 発着地点の大通公園からはテレビ塔が見えるのですが、大会のときにはその時計が1分前から、59、58……とカウントダウンが始まって、10秒前からはランナーも沿道のお客さんも一緒に拍手してスタートの瞬間を盛り上げるんです。

 またすすきのや中島公園など市街地コースでは沿道の両側に三重、四重もの人垣が出来て、まるで応援のトンネルをくぐり抜けるような大声援につつまれて、高揚感とともに走れたことが忘れられません。

五輪本番でのテレビ塔の演出も楽しみのひとつだ ©iStock.com

 マラソンが札幌に移転したことで新国立競技場発着ではなくなり盛り上がりを心配する声もありますが、今回決定した五輪コースも「北海道マラソン」と重なる部分が多いので、“マラソンを盛り上げるのが上手な”札幌の皆さんが選手との一体感を演出してくれるでしょう。

 そしてコース後半の20kmは「10kmを2周する」ことに決まりました。