昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文藝春秋

【文藝春秋 目次】「消費税ゼロ」で日本は甦る<政策論文>山本太郎/<総力特集>2020年の「羅針盤」/わが友中曽根康弘 渡辺恒雄

2020年2月号

2020年1月10日 発売 / 特別定価980円(税込)

バックナンバー一覧へ

「政界の風雲児」本気の政策論文
「消費税ゼロ」で日本は甦る 山本太郎
自殺者2万人、単身女性の3人に1人が貧困──この地獄を私が終わらせる。消費税廃止の財源27兆円はこうすれば生み出せる


「五輪イヤー解散」笑うのは誰か 赤坂太郎

「桜を見る会」と堕ちた官僚たち 森功

<経団連会長>日本企業「改革」宣言 中西宏明

日本はもはや先進国<生産性最下位>ではない 熊野英生

眞子さまは小室圭さんを諦めない 本誌編集部


格差国家・韓国「無限競争」の苦しみ 金 敬哲

<自殺大国の病理>韓流アイドルが死を選ぶとき 菅野朋子

「反日種族主義」<NHKキャスター>はこう読んだ 池畑修平


中村哲さんがアフガンに遺した「道」 澤地久枝

◎「元農水次官長男殺害」は止められた
対話なき“上級国民”家族の悲劇 斎藤 環

二〇二〇年の「朝鮮戦争」<金正恩「衝撃の重大決定」> 麻生 幾


◎政治家は小さな家に住まなくてはいけない──
わが友、中曽根康弘との六十年 渡辺恒雄


激動の20年代を生き残れ!
世界の知性が日本人に教える

二〇二〇年の「羅針盤」

人口減少社会を恐れるな ジャレド・ダイアモンド 「銃・病原菌・鉄」

AIは核兵器以上に厄介になる マックス・テグマーク 「LIFE3.0」

GAFAの拝金主義が分断を煽る スコット・ギャロウェイ 「the four GAFA」

人生百年時代のカギは男女平等だ リンダ・グラットン 「ライフ・シフト」

138億年の歴史と地球温暖化 デイヴィッド・クリスチャン 「ビッグヒストリー」

人類はもっと未来に期待すべき スティーブン・ピンカー 「21世紀の啓蒙」

トランプ再選が世界経済のリスク ポール・クルーグマン (ノーベル賞経済学者)

共産党独裁崩壊で中国は分裂する 王 力雄(中国発禁作家)

ヒトは再び遊動生活をはじめる 山極壽一(京大総長)

民主政は永遠ではない 佐々木毅(元東大総長)


廃炉最前線福島第一原発>の「若き指揮官」たち 森健

<生涯現役対談>人生は「運・鈍・根」だ 田原総一朗/萩本欽一

わが師・速水融が変えた「江戸」の貌 磯田道史

藤田菜七子「勝負の世界に男も女もない」 秋山千佳


◎日本が誇る「絶対王者」の最大のライバル
羽生結弦が僕を高みに連れていく ネイサン・チェン


<63年7月号再録>オリンピックの英雄たち(2) 1932ロスアンゼルス~1936ベルリン

[有働由美子対談13] 山下泰裕「プーチン大統領との約束の盃」

[地方は消滅しない40] 山梨県早川町 葉上太郎


哀しい子守唄 古風堂々9 藤原正彦

老境にありて 仲代達矢

ママのお仕事 飯田佳奈子

涙の向こうの五輪 太田雄貴

タコに連れられて、粟島へ 内田洋子

自著映画化始末 南木佳士

いけ花と、流れる時間 坂村岳志

長崎の愛に支えられて 髙田春奈

本を読んでいた政治家200 塩野七生


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優


BOOK倶楽部

▼角田光代、本郷恵子、片山杜秀、角幡唯介 ▼今月買った本 橘玲 ▼著者は語る ▼新書時評


▼第81回文藝春秋読者賞発表 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル  ▼世界経済の革命児・大西康之 ▼日本語探偵・飯間浩明 ▼数字の科学・佐藤健太郎 ▼旬選ジャーナル(佐久間裕美子・八木澤高明) ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼蓋棺録 ▼目・耳・口


新世界地政学102・船橋洋一

人声天語200・坪内祐三

玉三郎かく語りき9・真山 仁

後列のひと13・清武英利

将軍の世紀26・山内昌之

(新連載)李王家の縁談2・林真理子


グラビア

▼日本の顔(宇野亞喜良)▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史90(人生の浮き沈み) ▼短期集中連載 ROAD to TOKYO(2)「侍ジャパン」金メダルへ ▼もう一人の家族156 矢部みほ ▼一城一食6(福知山城) ▼小さな大物(清水ミチコ)


短歌・小佐野彈、俳句・高橋睦郎、詩・杉本 徹

中吊り広告