昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

常にファンを第一に考えてくれる優しい男

 そして迎えた6月1日ジャイアンツ戦、この試合で決めれば日本新記録なのだ。試合序盤、いつもなら三振をとれてる変化球が見送られたり、バットに当たったり、明らかに力んでいた。しかし2回ツーアウトから一つ目を奪うと、あれよあれよで5者連続、気づけば9つの三振を奪い8回を迎えていた。

 回の先頭は球界を代表するバッター坂本勇人、渾身のストレートはここにきてさらに輝きを増し、球速は全て150キロ台を計測、そしてフルカウントからの140キロのフォークは打てるはずもなく空振り三振で日本新記録! さらに四番マギー、五番阿部慎之助も連続三振のおまけつき。記録達成後に阿部に投じた128球目がこの日最速の156キロには恐れいりましたっ!

 10個目となった坂本選手からの三振について聞かれた則本投手は「ファンの方の声援のおかげで、力が湧き出てきて三振をとることができた」とおっしゃっていた。最後の一言も「ファンの皆さんが球場に来てくれて力をもらっています、これからも友達や家族をつれて球場に足を運んで、僕たちに声援を下さい!」と常にファンを第一に考えてくれる優しい男だ。

 さて次はとうとうペドロ・マルティネス、クリス・セールが持つ8試合連続二桁奪三振というメジャー記録に挑戦する! しかしここに来て7試合連続二桁奪三振、7勝1敗のピッチャーが唯一黒星を喫した日(奪三振も4つ)にゆで卵で始球式してた芸人が、次のメジャー記録に並ぶ8試合連続二桁奪三振を見届けに仙台に乗り込もうとしてます! お近くのイーグルスファンのかたぁー、止めるなら今ですよー。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2809でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー