昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【楽天】構成作家の野村克也監督と演出家の星野仙一監督

交流戦 指名対決 テーマ「野村克也と星野仙一」 文春野球コラム ペナントレース2017

野村監督と球団最多連敗記録

 こんなデータがある。野村監督が率いたプロ野球チームは南海、ヤクルト、阪神、楽天の4チームあるが、長いプロ野球の歴史の中で、うち2チームが野村さんが監督もしくはコーチ時代に球団最多連敗を記録している(南海はコーチ兼任の1969年の15連敗、阪神は1999年の12連敗)。これはたまたまかもしれないが、もしかすると失敗の原因追及にやっきになりすぎ、次への切り替えが出来なかったのかもしれない。

 なんかここまで読み返してみると野村批判のように聞こえるかもしれないが、そうではない。野村監督が頭に叩き込んでくれた野球を、星野監督がグラウンドでどう表現するのかを魂に叩き込んでくれた。つまり指導の根本が違うので、野村監督が育て上げて、星野監督がいい所を持っていったという解釈は違うと言いたかったのだ。

 逆にハナから実戦に向かう心づもりを持ち合わせていた山﨑武司選手や田中将大選手は野村監督の指導で素晴らしい成績を残した。それぞれ選手にもタイプがある。しゃぶしゃぶのように、ポン酢、ゴマだれお好みのほうにつけてと出来ればいいがそういう訳にもいかない。

 ただこれだけは断言できる。お2人がいたからこそ楽天イーグルスは日本一に輝く事ができました。本当にありがとうございました!

構成作家の野村克也監督 ©文藝春秋

 正直お笑いのルールをあまり知らない僕個人としては、野村監督がもしお笑いを分析してくれるのであれば、そのお笑い論は聞いてみたいと思う。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/2945でHITボタンを押してください。

対戦中:VS 阪神タイガース(山田隆道)

※対戦とは同時刻に記事をアップして24時間でのHIT数を競うものです。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー