昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/07/06

genre : ニュース, 政治

私ね、反省しているんです、小池女史に投票しちゃったことを

 それもこれも、私ね、反省しているんです、前回の都知事選で小池百合子女史に投票しちゃったことを。もちろん、いまは人気ありますよ。あれだけテレビや新聞、各種メディアの自民党叩きがあって、また官邸では森友だ加計だとクソ事案で騒ぎまくっている状況ですから、ここで自民党に託そうという有権者は減るでしょうからね。自動的に、自民党批判票は都民ファーストや共産党に流れるのはしょうがないと思うんです。

 自民党も最近一強と言われて何か「追い風受けて当たり前でしょ」ってノリで、弛みまくってるんじゃないかと思うんですよね。憲法改正とかそりゃいつかは必要なんだろうけど、優先順位がおかしいと思うんですよ。激増する高齢者を支える社会保障だとか、下がり続ける出生率対策とか、夫婦ともども働きに出ないと生活が成り立たない家庭が多い中で子育て支援しないとまずいでしょうとか、奨学金が消費者金融状態でそんなんで大学ほか高等教育大丈夫かとか、アベノミクスの後始末的な政策の不備がゴロゴロしてて、共謀罪やら憲法改正なんぞよりも、まず国民の生活ファーストでしょ。

「追い風受けて当たり前でしょ」ってノリ ©石川啓次/文藝春秋

 憲法記念の日に安倍晋三首相がなぜか憲法改正待ったなしみたいなことを言ったのも、支持率が高いのをフリーハンドと勘違いしたという弛みが原因でしょうし、クソみたいな失言繰り返してさっさと更迭されるべき稲田朋美防衛相がまだ地位にしがみついてるし、たかが受動喫煙問題で党内調整もできない塩崎恭久さんを厚労大臣に据えっぱなしだし、官房長官で長いことやってる菅義偉さんもガタが来てる状況です。内閣改造でも総理禅譲でもいいから、仕切り直ししましょうよ。さっさと。

自民党が勝つわけないなかでの「都民ファースト」現象

 そこへ降り立ったのが都民ファーストの会です。いやね、2月3月の世論調査とか見ていると、都民ファーストの会とか誰も期待してないどころか、そういう政党があることを知らない都民ばっかりなんですよ。ただ、都民からすれば良く分からん奥の院みたいになってる都政改革してよとか、知りたいと思ったときに都政の中身を教えてくれる情報公開頼むよとか、そういうものが争点の上位にあり続けてるんですよね。それこそ、内田茂さんみたいな置物風の爺さんが古き良きどっしりとした自民党政治で、そこに白紙委任状を出すような地方政治じゃなくて、何が起きているのか、何をしようとしているのかぐらいはきちんと知れる都庁にしてよ、ってぐらいの話じゃないかと思います。

 そして、実際に行われた都議会選挙は、代表に小池百合子女史を戴いた都民ファーストの圧勝。あれだけ日本の真ん中で官邸が馬鹿やって、馬鹿にされて、自民党が勝つわけないじゃないですか。秋葉原に安倍ちゃん出てきて左翼に煽られてブチ切れてるのを見て、投票したい都民がいると思いますか。しかも、秋葉原って千代田区なんですよね。ドン内田茂のお膝元で、出てるのは気の強い変なのですよ。8時開票で落選を8時1分に出されて、変わったのが自民党批判の敗戦の弁をテレビの前でぶちまけるとか、最高に面白すぎます。どうなってるんですかね、千代田区。