昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 芸能, 音楽

 上原はA氏の出張先に同行するなどして、密会を重ねていたという。

「上原はA氏の出張先の部屋からライブ動画を配信したり、この年末年始も2人で過ごしていたそうです。彼女は自身のインスタに、ホテルの一室と思われる部屋で真っ赤な下着姿の写真をアップしているのですが、これもA氏が撮ったのだと思います。

 お正月には一緒に沖縄に行ったようで、突然ハブ酒を持ったA氏に似た男性の手が映り込む写真を投稿して、SNSで彼の存在を匂わせているんです。2人は周囲に『私たちの関係を認めてほしい』とまで言っているそうです」(同前)

A氏が撮ったと思しき1枚。上原奈美のインスタグラムより(7月12日)
上原のインスタグラムに登場したハブ酒を持つ手はA氏のものだと思われる(2020年1月2日)

 再び冒頭の住人が語る。

「実は、1月6日の騒動の3時間前にも警察が駆けつける事態が起きていたのです。16時頃に母親らしき女性と付き添いの女性が彼女の部屋の前でインターホンを何度も押していました。『返事がない……』『電話も繋がらない』と、2人は心配そうでした。ほどなくして部屋の中から『アァー!』と女性の泣きわめく声が聞こえてきて、付き添いの女性が警察に通報したのです。ただ事ではない様子でした。それで17時半頃に警察官1人が駆けつけたのです」

 警察官の説得で、ようやく部屋のドアが開いた。

「女性は警察官に『体調が悪かったので、ごめんなさい』とひたすら謝っていました。このときは部屋の中には男性の姿はなかったのです。ただ、その3時間後、夜になって大暴れの騒動が起きてしまった。

 実は、このとき部屋にいた男性と女性は、しょっちゅう痴話喧嘩を起こしていたのです。ここ2カ月で3回ほど警察沙汰にもなっています。男性は部屋の合鍵を持っているようで、マンションで頻繁に見かけます」(同前)

 上原は一晩警察で保護されたが、翌日には帰宅したという。前出の知人が話す。

「上原が大暴れしたのは、交際をめぐるトラブルでした。最近、自分と過ごす時間が短いことについて、上原は男性に対して不満をぶつけていたそうなんです。上原は酒に強いのですが、飲み方がムチャクチャで、酒癖が極端に悪い。それでついに警察沙汰になってしまったようです」

 今回の騒動とA氏との関係について上原本人に話を聞いた。