昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 芸能, 音楽

 KinKi Kidsの堂本光一(41)、堂本剛(40)が出演していた「新堂本兄弟」は2004年から14年まで放送された音楽バラエティ。毎週ゲストを招いてのトークや、堂本ブラザーズバンドとゲストがセッションするコーナーは、最高視聴率16.8%を記録するほどの人気番組だった。

「05年2月から8カ月ほど『新堂本兄弟』に出演していたのが上原奈美(29)という歌手で、今回、警察に保護された女性なのです。伸びのある歌声が特徴で、堂本ブラザーズバンドの一員としてバックコーラスを担当し、高見沢俊彦(THE ALFEE)や木村カエラ、吉村由美(PUFFY)、ブラザー・トムらと共演するなど、将来を期待されていました」(音楽業界関係者)

上原奈美(公式HPより)

 両親が沖縄出身だった上原は、4歳の頃から安室奈美恵、SPEEDに憧れて歌手になることが夢で、13歳のときに大手芸能事務所スターダストプロモーションから歌手デビューしている。その後、中学生向けファッション誌「Hana*chu→」(主婦の友社)の表紙やグラビアに登場する“カリスマ中学生モデル”となり、「Seventeen」(集英社)の専属モデルも務めた。

「スターダストを2010年に退社した上原は、現在は音楽活動とライブアプリでの動画配信をメインに活動しています。昨年は内閣府主催の沖縄観光キャンペーン大使を務め、12月には沖縄民謡とR&Bを融合させた楽曲のCDを全国リリースしました。精力的にライブ活動をして、復活のチャンスを掴もうとしていたのです」(同前)

 いったい上原の身に何があったのか。古くから上原を知る知人が打ち明ける。

「もともと彼女はお酒好きで不安定なところがあり、男性に依存しやすい性格でもありました。交際男性に影響されやすいところもあった。いま付き合っているのは妻帯者。30代後半で勝地涼似のガッチリした体型のA氏で、ライブ配信するタレントのスカウトやYouTubeの制作をしています。A氏には年上の妻と小学生の子供がいるそうですが、上原とは動画配信の仕事を通じて出会い、19年春頃から不倫関係を続けていると聞きました」