昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈確保写真入手〉「新堂本兄弟」レギュラーの女性歌手が警察官を相手に大暴れの壮絶現場

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 芸能, 音楽

「1月6日の19時頃でした。突然、マンション5階にある部屋から『ガシャーンッ!』『ボコッ!』というガラスが割れたり、物を壁に投げつけるような音がしました。そして、『なんで!』『どうして!』と、女性が誰かを問い詰めるような大きな声が、廊下まで聞こえたのです。女性の叫び声に驚いて玄関のドアスコープを覗き込むと、警察官10人くらいが慌てた様子で女性の部屋に入って行きました」

 都心にある高級住宅街の大型マンションの一室で“事件”は起きた。その一部始終を目撃した同じマンションの住人は今でもその光景を詳細に記憶していた。

部屋の中には30代くらいの男性の姿が

「騒動のあった部屋に住む人は細くてキレイな若い女性です。警察が駆けつけてから数分後、開いたドアから室内が見えました。部屋の中は割れたグラスやお皿が散乱していて、破れた服もありました。母親らしき女性と付き添いの女性が駆けつけていましたが、住人の女性は泥酔していて呂律がまわらず、泣きわめいたり奇声を上げながら激しく暴れていました。警察官は5人がかりで、腕を振り足をバタつかせて抵抗する女性をなんとか廊下に運び出していました。そのときに部屋の中にいる30代くらいの男性の姿がチラっと見えたんです」(同前)

写真はイメージ。本文とは関係ありません。 ©iStock.com

「週刊文春デジタル」は、このときに撮られた1枚の現場写真を入手している。写真には屈強な警察官5名に腕や足を押さえ込まれ、廊下に仰向けで横たわる女性が確認できる。後方の玄関前で心配そうに様子を見つめているのは彼女の母だという。

入手した現場写真。女性は暴れ続け、廊下で警察官に取り押さえられた ©文藝春秋

「廊下に引きずり出されても女性はずっと暴れている状態で、このままでは危険だと判断した警察官の、『確保!』という号令で用意されていた青い保護シートに包まれました。女性は待機していたパトカーに乗せられ、渋谷署に連行されたようです。騒動後、女性の部屋にいた男性はその場から逃げるようにマンションを出ようとしましたが、警察官に取り囲まれて事情聴取を受けていました」(同前)

 男性は事情聴取が終わると、憮然とした表情で現場マンションを去ったという。実は警察沙汰を起こしたこの女性は、かつて人気番組「新堂本兄弟」(フジテレビ系)にレギュラー出演していた若手歌手だった。