昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中日ドラゴンズ「どうでもいいニュース」2020春

文春野球コラム2020 オープン戦

2020/04/01

 まさか2018年末に発表した“中日ドラゴンズどうでもいいニュース”が、3年目に突入するなんて予想だにしておりませんでした。しかも、新型コロナウイルスの影響で肝心のプロ野球は開幕延期。

 毎回冒頭で“このタイトルは文春野球中日ドラゴンズ担当大山くまお監督が名付けただけで、筆者本人は一切「どうでもいい」とは思っておりません”と書き添えて始めているのですが、すいません陳謝します。これから羅列する10大ニュース、本当にどうでもいいです。筆者カルロス矢吹、早く野球の試合が観たいです。

 それでも、溜まってしまったものはしょうがない。中日ドラゴンズの残塁数が少しでも減ることを願いながら、山積したニュース達を文春野球という本塁へ生還させましょう。というわけで、“中日ドラゴンズどうでもいいニュース2020・春”プレイボール!

©カルロス矢吹

インスタグラムの投稿に“ROLANDの影響”

(10)大野雄大、プロスピで大野雄大を当てる

 昨季、ノーヒットノーラン達成だけでなく、自身初の投手タイトルとなる最優秀防御率も獲得。名実ともに中日のエースとなった大野雄大は、KONAMIが運営するソーシャルゲーム「プロ野球スピリッツA」で見事に自分自身を引き当てました。ゲーム内での大野雄大の写真は、もちろん「ノーノーダンス」と評されたノーヒットノーラン達成時のそれが使用されています。KONAMIからのいじりにも、大野雄大自身はインスタグラム上で「KONAMIさんあざっす」とご満悦でした。

大野雄大 ©文藝春秋

(9)アリエル・マルティネス、婚約者カミーラとお揃いのタトゥーを入れる

 皆さんお待ちかね、アリエル・マルティネスの婚約者カミーラの最新情報です。野球帽をかぶった男の子に女の子がキスをしている可愛らしいタトゥーを、アリエルは左腕に、そしてカミーラは右腕に彫りました。デザインと施術は、キューバ共和国マタンサス在住の彫り師、ダミアン・カルデロン・マデラさん。皆さんマタンサスに御旅行の際は是非キスタトゥーを御検討下さい!

(8)福敬登、ゲレーロとの思い出を語る

 福敬登がインスタグラムで元中日・巨人の“ゲレーロ選手について”というファンからの質問を受け、“たまたま近くにいたので話しかけたらHEY! HIRATA!ってハグされたこと”と回答。言われてみれば福と平田はフォルムがやや似ていますが、いくらなんでも間違え方がド派手です。昨季限りでNPBを離れたゲレーロ、アメリカでも元気でやっているのでしょうか。

(7)武山真吾、コーチになっても香水はLANVIN

 昨季限りで現役を引退し、二軍バッテリーコーチに就任した武山真吾。現役時代からLANVINの香水を欠かさずつけていることで有名でしたが、インスタグラム上でコーチになってもLANVINの香水を使い続けることを明言しました。今後もナゴヤ球場には良い匂いが漂い続けるようで一安心ですね。キャンプで毎朝一緒に早出特守を行なっていた石橋康太は、武山コーチから現役時代使用していたキャッチャーミットを譲り受けているのですが、是非LANVINの香水も受け継いでいただきたいものです。

(6)桂依央利、ROLANDの影響を受ける

 突如、桂依央利がインスタグラムの投稿に“#俺か俺以外か”というハッシュタグを使い始めました。これは言うまでもなく、現代ホスト界の帝王ROLANDの名言。恐らく著書を読んだのでしょう。中日ドラゴンズ最大の弱点と度々指摘されているのが正捕手の不在。「桂か、桂以外か」と言われるほどの活躍を期待したいところです。