昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

犯罪者にとって電話や訪問がし易い状態

 また最近は“点検窃盗”も増えているようだ。

「例えば電力会社を装った二人組が自宅に来て、対応している隙に一人が金品を盗むという手口です。こうした背景には、コロナの影響で、一般家庭の在宅率が高くなっていることが挙げられます。犯罪者にとって電話や訪問がし易い状態になっているのです」(同前)

 マスク不足に付け込み、「マスクを売ります」などと記されたメールが突然届くケースも増えている。

「そこに書かれたリンクを不用意にクリックすると、個人情報が盗まれる危険があります。メールだけではなく、市の職員を装った人物が自宅に来て『10万円を払えばコロナウイルスが終息するまで、毎月マスクを配布する』などと持ち掛けられたケースもある」(前出・社会部デスク)

解消しないマスク不足 ©AFLO

 さらに長崎や東京では、厚労省や池袋労働局の職員を名乗る男から、「コロナ対策で助成金が出る」という電話がかかってきた事例も発生。キャッシュカードの番号を聞かれたり、銀行口座の登録が必要として銀行のATMに行くように指示されたりしている。

相手の身元を自分で確認することが大事

 こうした巧妙な手口への対抗策はあるのだろうか。

「法律や制度が変われば、それに便乗する詐欺が出てきます。今後はコロナ関連の給付が本格的に始まるため、それを狙った詐欺が増える可能性がある。詐欺師はあらゆる職業に成りすまし、最近では日本WHO協会の職員を名乗る例もあるほど。ですから、相手の名前や担当部署を聞いた上で、一回電話を切って確認をすることを勧めます。直接訪問された場合には、『もう一度来てもらえますか』と言って、相手の身元を自分で確認することが大事です」(前出・多田氏)

 詐欺師というウイルスは、今も水面下で増殖中である。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー