昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

10万円払えばマスクを配布します……急増する「コロナ詐欺」の悪質手口

「突然、義母から電話がきて『コロナが流行(はや)ってるけど、うちの息子、体調が悪いみたいね。携帯電話の番号も変えたんだって?』と言われました。夫は元気で、番号も変えていないと伝えると、『あら、あなたには言えないのかしら』と。後日、夫は義母に電話をしていないことがわかり、『お義母(かあ)さん、それが“アポ電”なんですよ!』って注意しました」(40代主婦)

 いま、新型コロナの拡大に便乗した不審電話が全国で相次いでいる。 (「週刊文春」2020年4月2号より全文公開。記事中の年齢、日付、肩書などは掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

詐欺の手法を考える“シナリオライター”まで

 国民生活センターによれば、コロナ関連の相談は今年1月から増加傾向にあり、1月には141件だった相談件数が、2月になると2013件に急増。3月22日までに、5903件もの相談が寄せられたというのだ。

 中には、「新型コロナ流行拡大の影響で金の相場が上がるので、金を買う権利を申し込むように言われた」などの事例もあった。

在宅率が高い高齢者が狙われる ©iStock.com

 特殊詐欺に詳しい暴力団関係者は、こう明かす。

「最近では巧妙に練られた詐欺の手法を考える“シナリオライター”までいる。彼らは日々、ニュースをチェックしながら詐欺マニュアルを作り、それをCDなどに焼いて詐欺グループに売りつけるのです」

 そうして考え出された新手の詐欺は、コロナにかこつけて、高齢者や一般家庭にまで忍び寄っているのだ。

©iStock.com

 社会部デスクが話す。

「既に各地で、『水道管にウイルスがいるので洗浄します』といった詐欺話が出始めています。埼玉県では、市役所の職員を名乗る人物から電話で、『ウイルス除去の機械を取り付ける』と言われ、水道工事代を要求された例もありました」

感染状況の調査として家族状況や個人情報を聞き出す

 詐欺や悪質商法に詳しいジャーナリストの多田文明氏が解説する。

「保健所を名乗る人物から電話がきて、『手洗いやうがいをしてください』などと丁寧な説明をされ、感染状況の調査をしているかのように家族状況や個人情報を聞き出す手口もあります」

 電話に出ると自動音声で『コロナウイルスにかからない自信はありますか?』などと質問され、プッシュボタンで回答を求められるというケースもある。

「質問に答えて行くと、最後はサプリなどの商品を買わされたり、個人情報を盗(と)られて詐欺に遭う危険があります。質問に答えた人は真面目でいい人と見られ、翌日、改めて相手から電話がくることも」(同前)