昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「マスクをしたいけど、そうすると表情を見せられないから仕方ないですよ。お客さんだって好きな子に会いに来るのに、その子がマスクしていたら嫌じゃないですか。お客さんの方も、デザートを食べたり、ドリンクを飲んだりするからマスクしている訳にもいかない。

 ちなみにこの店では、店長が『ここは魔法がかかって、2次元の空気の綺麗な世界だから大丈夫』って言ってます(笑)。私は正直なところ怖いな、というのが本音です。毎回、お店の裏でゴシゴシ手を洗ってます」

©文藝春秋

 それでも、メイドカフェらしい独自の取り組みをする店舗もある。

「ウチの店では入店前に、『3次元の世界から2次元の世界に行く“おまじない”だよ』って言って、消毒用のアルコールを『魔法のお薬』としてお客さんの手に吹きかけています。あとは何もできないです。“濃厚接触”を避けろと言われても、我々はメイドなので頼まれたことをやらないと……」(メイドカフェ「B」・20代メイド)

「体調が悪そうな人には声を掛けない」

 一方で、熱心に“ご主人様”をもてなしていたメイドからは、こんな声も聞こえてきた。

「換気扇をつけてるし、空気清浄機もあるし大丈夫だと思う。あとは、お散歩(客引き)で明らかに体調が悪そうな人には声を掛けないようにしています。テレビとか見ないし、正直コロナのことわかんない……どこまでヤバイの?」(メイドカフェ「C」・10代メイド)

©文藝春秋

 メイドの少女たちを束ねる「C」のオーナーにも話を聞いた。

「メイドやお客にマスクをさせたり、サービスを抑えたらお客が来なくなります。どうしたものか、っていうのが本音です。大手の老舗店をみながら、『ここまでならまだ、やってもいいのかな?』って感じで足並みを揃えています。もちろん、お上がダメだっていったら逆らってまでしません。それまでは、我々もメイドたちも生活がありますし、店が潰れても誰も補償はしてくれないから、そのまま営業を続けるしかないんですよ」

 メイドカフェからクラスターが発生しないことを祈りたい。

©文藝春秋

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー