昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/08/28

コラムに書く人が不調になりがち問題

松:楽天は神がかり的な試合が続いたじゃないですか。あのあたりで勢いに乗った感じですか?

か:開幕直前に岸(孝之)がインフルエンザになって、則本(昂大)もWBCで遅れるからって、美馬(学)になって。チームはやばいなという状態で。外国人3人を並べたのも、苦肉の策ですからね。あんなつもりじゃなかったですから。梨田監督も言ってましたよ。ラッキーパンチ。

松:嬉しい誤算だったんですね。いけるって思い始めたのは?

か:5月17日に盛岡で行われた日本ハム戦。則本が初回に5失点して、今日は厳しいかなって思ったら、2回に6点取って逆転して、その試合勝って。こんな試合ができるようになったんやなと。チーム力が上がってるんやなと。

松:関係ないですけど、楽天って、武将みたいな渋い名前の選手が多いですよね! 銀次とか、岡島豪郎とか、茂木栄五郎とか。

か:松井稼頭央とか。松居一代と一文字違いですからね。(船越)英一郎よりも、栄五郎の方が心配やわ。

かみじょうたけし ©文藝春秋

キーマンを選ぶとしたら……

松:キーマンを一人選ぶとしたら誰ですか?

か:キーマン……誰でしょうね……。

松:じゃあ、ベストテン。

か:めっちゃ増えてるやん(笑)。則本ですかね。

松:10位?

か:いや、1位です(笑)。

松:1位からいきますか?

か:えっと、じゃあ3人くらい挙げますね(笑)。あとは松井裕樹と、ウィーラーですかね。ソフトバンクのキーマンは誰ですか?

松:甲斐(拓也)。

か:彼はすごい体してますよね。バク転とかできそうですよね。

松:たしかにできそう! 2人目は、内川(聖一)さんとデスパイネどうしよう……。

か:内川はいつ頃戻ってくるんですか?

松:9月とかですね。

か:内川がいないとキツいですよね。

松:「ウチメーター」について書こうとしてたんですが……。私、コラムに書く人が故障とか不調になりがちで、書くのが怖くて。

か:最近、僕もそうですよ。

松:次に甲斐選手について書こうと思ってるんですけど、甲斐選手が故障したら私生きていけなくなります(笑)。

か:福山博之の自責点0記録が途切れたらアカンから、継続中に書こうと思って、書いた日に失点したんです。アップ日前に。あとは、松井裕樹もそう。

松:松井裕樹のコラムは読んでて、すごく共感しました!

か:まだ若いのにすごいですよね。首位を走るチームの最後の大事な場面を任されるプレッシャーは相当だと思いますからね。クローザー向きの投手じゃないと思っていたので。

松:先発でも見てみたいですよね。

か:あれだけ後ろに向いてたら、後ろでやってほしいですけど、ただ、前やったらどれくらい勝つのかを見てみたい気持ちもありますね。だけど、松井裕樹が先発にいったら、チームが勝てなくなりそうですよね。

松:クローザーでいうと、こっちのサファテもすごいですよ!

か:すごいですけど、防御率や被打率なんかは松井裕樹の方が良いですからね。

松:セーブ数。

か:セーブ数は試合数やから。

松:そんなことないです!

か:話を戻しましょうか。

松:えーっと、内川さんを2人目として、最後の1人、言っていいですか?

か:どうぞ。

松:ギータ(柳田悠岐)です。三冠王狙ってますからね。

か:3人とも野手ですね。

松:やっぱりベストテンにします?

か:それだとほとんどになりますから(笑)。

松中みなみ ©文藝春秋

『鷹の祭典』のユニホームが明るいときは優勝する?

か:ホークスのベストゲームは?

松:5月2日の育成リレーの試合です。千賀滉大が先発して、石川柊太、飯田優也。捕手が甲斐っていう。

か:石川いいですよね。

松:かみじょうさんは?

か:ホークスに2つ勝った7月11、12日ですね。初戦は石川を相手に、4点差を逆転。ホークスにこんな勝ち方をできるチームは今、他にいないなと。6月30日、7月1、2日の同じカードで、1勝2敗。あれは全部1点差ゲームで、ホークスに「今年の楽天は簡単に勝たせてくれない」という印象をつけられたのかなと。

松:ホークスが首位から落ちてすぐの試合でしたもんね。

か:これでだいぶ優位に立てた気がしたんですけどね。

松:でも、優勝するのはホークスですよ! 楽天は怪我人っていう不安材料もありますし、ホークスの方が試合数を多く消化している分、プレッシャーにもなりますからね。あとは『鷹の祭典』のユニホームが明るいときは優勝して、暗いときがダメっていう法則があって、今年は明るいデザインですから!

か:優勝したら嬉しいですけど、絶対にしてくれ! ってのはないですね。ホークスに勝てたら嬉しいですけど、僕自身はそんなに意識していないんですよ。実家みたいな感じですよね。息子が何しようが、連敗しようが、嫌いにならないでしょ。

松:めっちゃ良いこと言ってますね(笑)。それでいったら、私は近所の幼馴染ですね。「みなみを日本シリーズに連れてって」みたいな!

か:これは勝ちに慣れたチームとの違いですよね。

松:また、シーズン終了後に、結果が出てからもう一度対談したいですね!
か:ぜひ、またやりましょう!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/3905でHITボタンを押してください。