昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

千代田区「全区民に1人12万円」の独自給付金を検討へ

 東京都千代田区が新型コロナウイルス対策として、すべての区民に一律12万円を独自に給付する「千代田区民給付金」(仮)の導入を検討していることが7月19日、「文春オンライン」の取材で明らかになった。

千代田区役所のビル。独自給付に区職員からも驚きの声が上がっている ©共同通信社

 複数の千代田区関係者によると、石川雅己区長と区の幹部による7月20日の臨時首脳会議を経て、議会で補正予算として審議する見込みだ。今回の給付については、7月上旬に石川区長から給付金について検討するよう指示があり、財源や給付金額について検討が重ねられてきたという。

 予定支給額については「月1万円を12カ月分」とされている。住民基本台帳を確認すると、7月1日現在の千代田区の人口は66,520人。単純計算でも、12万をかけると約80億円の予算規模になる。支給時期については、国の「特別定額給付金」の支給が8月いっぱいかかることから、区の給付金の支給は10月以降に開始される見込みだという。

 これまで東京都内では、品川区が「しながわ活力応援給付金」として区民1人につき一律3万円(中学生以下には5万円)の支給を発表している。また、新宿区では、新型コロナウイルスに感染した区民に向けて見舞金10万円を支給する方針。