昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/12

「息子をよろしくお願いします」と父は言った

 この日、浦添市民球場のスタンドから練習を眺めていると、僕の目の前に高齢の男性が一人でグラウンドを見つめていた。注意して見ると、首には関係者向けのパスをぶら下げている。そこには「原」と書かれていた。原の言葉を考えれば、この方が原樹理の父親なのだろう。

 お父さんは、最後まで一人で練習を見つめていた。夕暮れどきになり、「そろそろ帰ろうか」と、男性の横を通り過ぎる。その横顔は少しだけ原樹理の面影があるような気がした。僕は思わず声をかけた。

「もしかしたら、原樹理投手のお父さまですか? 先ほど、息子さんから“父が来ている”と聞きました。昨年の秋、インタビューをさせていただいた者です」

 すると、お父さんは嬉しそうに言った。

「これからも息子をよろしくお願いします」

 時間にして1分程度の会話だったが、この瞬間のことは頭に残っている。

 20年7月21日、原樹理は415日ぶりの復活勝利を挙げた。翌日のスポーツ紙の片隅には、彼の父の訃報が掲載された。記事によれば、今年の2月中旬に父を亡くし、宮崎・西都でキャンプ中だった原は、父の最期に立ち会えなかったという。この記事を読んで、あの日の浦添での出来事が脳裏をよぎった。

415日ぶりの勝利をあげた原樹理 ©時事通信社

 21日のDeNA戦で復活勝利を挙げた原は、続く29日の阪神戦でも勝利投手となった。誰もがうらやむ才能を持ちながら、なかなかひと皮むけなかった。いいピッチングをしても、なかなか白星がつかなかった。

 しかし、プロ5年目を迎えた今年、2試合に登板して2勝を挙げた。調整のためにファームに落ちたものの、本日12日の巨人戦で再び背番号《16》が躍動する。「理性が樹木のように茂るように」という、父の願いが込められた名前を背負って、原樹理がマウンドに立つ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39265 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー
z