昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/28

セロイにそっくりの杉谷選手の髪型

 今年、4月~5月、私が「梨泰院クラス」を見終わったころ。ファイターズはほぼ毎日、選手のオンライン取材を展開してくれていた。別の場所のパソコンの前にいる一人の選手を、マスコミが別の場所で待ち構え、モニター越しに取材をする。

 開幕も決まらず先の見えない時に、選手の近況が聞けるのはファンはとても嬉しかった。自主練習が続く中、当然、ステイホームは何をしているのかという質問も出る。その中で、「韓国ドラマにはまっている」と最初に話したのは杉谷拳士選手だった。

 杉谷選手のネットワークは素晴らしい。そこから、彼の勧めで、他の選手にも広まり、選手のコメントやSNSに次々と「梨泰院クラス」が登場するようになる。

 そういえば、最近のファイターズの定番、誰かがホームランを打つと、ベンチの端で誰かが真顔でカメラを見つめて待ち構え、そこにホームに還って来た本人が加わりツーショットとなる、真顔パフォーマンス。定着するきっかけのひとつは8月16日の千葉のマリーンズ戦で中田選手のホームランの映像、ベンチで構えるカメラに写った杉谷選手だったように思う。

 エアハイタッチを並んで待つことをせず、逆を向いてカメラに向かって驚きの真顔。この時の画像が杉谷選手自身のSNSにもアップされていて、そこには「#パクセロイ」が添えられていた。

 理由は髪型だ。杉谷選手は今やへスタイルまでドラマに寄せてしまっている。セロイは黒い短髪のいがぐり頭が特徴。今の杉谷選手の髪型はセロイにそっくりでファイターズに入団してからもしかすると一番短いかもしれない。

杉谷拳士

 セロイは、困ったり照れたりすると、手のひらで頭のてっぺんをおでこに向かって何度もさするのが癖だ。いつでも自信たっぷりなわけではなく、そんな風に弱い姿を見せるのも魅力のひとつ。つい、いつか杉谷選手のそんなパフォーマンスも見たいなと期待してしまう。

「梨泰院クラス」のサントラCDの日本版がこの原稿の出る2日前、8月26日に発売された。

 発売元のキングレコードのYouTubeには、ファイターズの選手からのコメント動画が公開されている。

 そこには登場曲の渡邉選手……だけじゃなく、ちゃんと杉谷選手も登場する。

 この人選、さすが! こうじゃなくっちゃ。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39291 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー