昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「日本のワクチン開発情報を盗め」中国・韓国が“コロナ機密情報”を狙っている

WHO関係者「韓国政府のアプローチは異様だ」

 新型コロナウイルスの発生源である中国は、初動を誤って世界中にウイルスを拡散させたみずからの責任には一切触れず、感染拡大地域にマスク援助などを行い、あたかも世界の救世主であるかのように振舞っている。

 そして、コロナ後の世界で主導権を取るために、中国は次の行動に出た。

アメリカに伸びる中国の魔手

 今年5月13日、アメリカ国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)は、新型コロナウイルスのワクチン開発に関連して、こんな警告を発表した。

「中国政府が支援すると思われるハッカーグループが、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬剤ならびに医療機材の開発と臨床治験に関連する貴重な情報を、それらにかかわる職員を特定した上で盗もうとしているのを確認した」

中国の習近平国家主席 ©共同通信社

 FBIは新型コロナウイルスのワクチンや治療法、検査に関する知的財産や公衆衛生のデータを中国が盗もうとしていると指摘し、「中国の試みは、アメリカの新型ウイルス対策に深刻な脅威をもたらしている」と非難した。

 だが、これは他所事ではない。

 日本においても中国はワクチン開発の最先端情報を盗もうとしているのだ。

開発関係者をピンポイントで狙い撃ち

 最近、日本の情報機関は政府にこんな事例を報告した。

――ある製薬関連企業に、東アジア系の2人組の男が強引にアポを取って来訪し、出資を持ち掛けてきた。彼らは出資と引き換えに、彼らが経営する企業から役員を入れることを要求した――。

狙われる日本 ©共同通信社

 一見、投資会社によるありきたりな営業活動と思える。

 だが、この製薬関連企業は、目下、新型コロナウイルスの治療薬候補を用いた臨床試験を医療機関と共同で進めている真っ最中だったのである。

 同じころ、その製薬関連企業以外にも、投資をもちかける不審な連絡が相次いでいた。