昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

全校集会で、息子の行動が晒されてしまう。ここまでやられないといけないの……?

『息子がいじめの加害者に?』より。© 文藝春秋

 さらに後日、全校集会でタケの行動が「いじめ」として晒されてしまいます。名前は伏せていたものの、犯人はタケだと生徒たちから特定され、落ち込みます。

「本当にここまでやられないといけないことなの?」と激しく動揺する大原さんに、「今は騒ぐときじゃない」と言うダンナさん。

 ストレスを抱える息子2人をフォローしながら、耐える大原さん。

 そしてスクールカウンセリング当日。タケはカウンセラーの先生と面談します。その結果は……。

『息子がいじめの加害者に?』より。© 文藝春秋

「タケくんは10歳児として正常な発達をしているお子さんです。善悪の判断もきちんとついています」「異常なんてことはまったくありません」

 それを聞いて、ほっとする大原夫妻。

 タケも元気を取り戻して遊びに出るようになり、大原さんもS母と普通に接するように。日常が戻ったように思われましたが、その2週間後。

『息子がいじめの加害者に?』より。© 文藝春秋

 S母から、不可解なメールが届きます。いじめ騒動を発端にしたS母との溝は、埋まるどころか深まるばかり……。

 現在、「文春オンライン」で第10話まで公開中。第11話以降は、電子書籍『息子がいじめの加害者に?』に収録されています。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー