昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「青少年の健全な育成に関する条例」に違反する可能性

 山下の行為は東京都が定める「青少年の健全な育成に関する条例」に違反する可能性がある。同条例の「深夜外出の制限」の条項には以下のように記されている。

コンビニで買い物を済ませ、A子が待つ部屋へ ©文藝春秋

《何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない》

《何人も、深夜に外出している青少年に対しては、その保護及び善導に努めなければならない。ただし、青少年が保護者から深夜外出の承諾を得ていることが明らかである場合は、この限りでない》

《深夜に営業を営む事業者及びその代理人、使用人その他の従業者は、当該時間帯に、当該営業に係る施設内及び敷地内にいる青少年に対し、帰宅を促すように努めなければならない》

昼頃に部屋から出てきたA子 ©文藝春秋

 また、同条例の「青少年に対する反倫理的な性交等の禁止」にこのように記されている。

《何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない》

それぞれの所属事務所に事実関係を確認すると……

ホテル内のコンビニで買い物をした山下 ©文藝春秋

 バー「X」にA子の未成年飲酒について取材をしたところ、「A子ちゃんからは成人していると聞いていました。今回のことが発覚して、本人からお店に年齢を偽っていたと謝罪も受けています。山下さんや亀梨さんもご存知なかったと思います」と回答した。

 A子の所属事務所に未成年飲酒があったか、山下とホテルに宿泊したかなどについて事実関係を確認したところ、以下のような回答があった。

「お問い合わせ頂いた件についてですが、現在、担当より事実確認中となります」

 ジャニーズ事務所にも、山下や亀梨が未成年と酒席をともにしたことや、山下とA子の関係について事実関係を確認したところ、未成年飲酒の場に同席したことについては以下のような回答があった。

「ご指摘のあった両名が、知り合いが店長を務める飲食店において知人男性らと4人で会合を行っていた際に、当該店長の紹介を通じてその場に居合わせた来店客と飲食を伴にした事実は確認されました。しかしながら、今回未成年者とされている方を含め、その場で紹介された複数の来店客の飲酒の有無などについて両名は関知しておらず、また、当該店長による入店時の年齢確認や会話の中でも不審な点は見受けられなかったことから、両名において未成年者と飲酒したという認識も一切ありません。なお、当該店長に確認したところ、一部の女性客から当該店長あてに『年齢をごまかしてごめんなさい』といったお詫びのメッセージが後日送信されてきたとのことであり、このような点を含め、改めて慎重に取材いただくよう願います」

 しかし山下とA子さんがホテルに宿泊したことについての言及はなかった。

 8月7日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

この記事の写真(34枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!