昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

今田と女性が2人きりになる作戦を……

 その後に今田らは会計を済ませ、午前1時頃に店から出てきた。今田一行はそこから徒歩で今田の自宅へと向かった。

左から今田、又吉、ロバート馬場、ディエゴ、スレンダー美女 撮影/細田忠 ©︎文藝春秋

 今田の知人が語る。 

「今田さんの自宅である高級マンションには、まず今田さんとディエゴだけが入りました。又吉と馬場と女性はタクシーに乗ってその場を離れています。しかしその後、今田さんが女性に連絡をして、女性が今田さんの自宅を訪れています。ディエゴさんは今田さんの自宅に15分程度しか滞在していなかったらしいので、今田さんは女性と2人きりになることに成功したようですね」

滞在時間は、わずか2時間

 このまま2人で一晩を過ごすと思いきや、午前3時半にスレンダー美女が1人でマンションから出てきた。そしてその足でタクシーに乗り、自宅へと帰ってしまった。滞在時間はわずか2時間だった。

今田の自宅から出てきてタクシーに乗るディエゴ 撮影/細田忠 ©︎文藝春秋

 今田と女性との間に何があったのだろうか。吉本興業に事実関係を確認したところこう回答した。

「バー『X』で飲んでいたことや、その後に自宅で女性と2人きりになったことは全て事実です。ただ、交際関係にはありません。『仕上がってきましたよ!』という発言は、吉田さんからの『盛り上がってますね~』という言葉に対する返答だったと聞いております」

 “最後の大物独身芸人”今田のアローン会卒業が叶う日は来るのだろうか。

「今田さんは年を重ねるごとに結婚観をこじらせていき、2017年11月には『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(日本テレビ系)で結婚に求める条件が39箇条あると明かしています。その条件は『身長163cm以上』『美人』『きれい好きで少しおおざっぱ』『肌にしっとり感がある』『今までの交際人数が嘘でもいいから5人以内』など、細部に渡ります」(芸能デスク)

 隠れ家バーを舞台に繰り広げられた吉田鋼太郎永山瑛太、今田耕司の群像劇。シェイクスピアは作中にこんなセリフを遺している。

《理性と恋愛ってのは最近じゃ反りが合わねえようですがね》(「新訳 夏の夜の夢」角川文庫より)

 まさに名優たちが繰り広げた「夏の夜の夢」の一幕だった。

 8月14日(金)21時から放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(12枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー