昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「素手で触った金を渡すのか」タクシー運転手がコロナ禍で乗せた「変な客」

ドライバーも乗客もともに気をつかいながらの道中である

2020/08/24

完全武装のコロナ対策

 そうかと思えばまったく逆のタイプの乗客もいた。

 マスクはもちろんのことサングラスに手袋、顔が隠れるくらいのツバの広い帽子を被り、そして、猛暑日の中、厚手の上着を羽織った完全武装の乗客が手を挙げていた。

 その乗客は、車に入る前に車内を念入りに見渡す。このタクシーも遮断カーテンを装着していないタクシーなので、そのことを追及されるかと思いきや何も言わずに乗ってきて、自ら携帯している消毒スプレーを車内に撒いた。

 後部座席が遮断されることを好まない乗客もいるのは確かだ。遮断されていると空気がこもりがちで上手く循環されないことがある。車内の窓を全開にして空気の循環に重きを置く人だ。女性のようだが、それも確信が持てないくらい素顔は見えず、背格好でドライバーが勝手に判断したにすぎない。

©️iStock.com

 乗客は、おもむろにノートを取り出し、ドライバーに見せた。

『窓を全開にして』

 その文字を見て、私は頷き車内の窓を全開にした。また、乗客はノートのページをめくりノートに書き出しドライバーに見せた。そこには、行き先が書いてあったが、手袋して書いたせいもあって達筆すぎて読めない。よくミミズが這った字と例えることがあるが、ミミズすら感じ取れない字だった。

 私はその字から予測した場所を書き、それを乗客に見せた。乗客は小さく頷いた。当たっていたことに驚くほどの字だったのだ。その筆談で言語障害の人と思い、私は身振り手振りのジェスチャーで道順などを表現した。すると乗客は、低い声で「ちゃんと話してもらっていいですか?」と話した。

 話したことにも驚いたのだが、女性ではなく男性(?)ということにも驚いた。しかし、まだ声色だけで男性とも確信が持てないモヤモヤ感を引きずったまま目的地へと向かった。乗客は、目的地に着くまで何も話さず、微動だにもせず、車内はただ風の音がうなるだけであった。運賃の精算もドライバーと接触することがない電子マネーで支払い、何事もなかったように降りていった。

 結局、年齢も性別もよく分からないまま降ろしたが、言葉すら発しない徹底的な感染予防には頭が下がる。最大限のことをしないと完全な感染リスクは排除できないであろう。しかし、人の目があって誰にでもできるものでもない。

©️iStock.com

 両件とも人の目や人のことをまったく気にしないタイプであったが、コロナに対する認識や予防の基準も感覚も人それぞれ。みんな同じ意識を持てれば乗り越えられるものかもしれないが、所詮人間。タクシーの車内では、ドライバーも乗客もお互い無症状のコロナ患者ではないかと疑心暗鬼になるのも否めない。まさに自分自身が信じられない状況はいつまでつづくのだろうか……。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー