昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「男の人生なんて3日で変わる」ロッテで“らしさ”を取り戻した澤村拓一に、巨人ファンが思ったこと

文春野球コラム ペナントレース2020

2020/09/15

「っしゃー!!!!」

 昨日まで巨人にいた澤村拓一が、ZOZOマリンスタジアムのマウンド上で思いっきり吼えていた。

 かなり信じがたい光景だが、それは紛れもなく現実であった。

 かといって悲しいか?と言われると、それもちょっと違った。

巨人ファンは心底ホッとした

 澤村が思いっきり「らしさ」を炸裂させている姿が見れるなら、ドームのマウンドじゃ無くても別にいいじゃん、と結構皆思ってた様な気がするからだ。

 あまりにも急過ぎて用意が間に合わず、サイズの合う打撃投手から借りたという、見慣れない白×紺のピンストライプのユニフォームに身を包み(やっぱ半袖!マジで似合ってた。)、バキバキの直球と野田浩司ばりにマリンの風を味方につけたような鋭いスプリットで圧巻の三者三振デビューを飾った。

「え? こんな豪腕ピッチャー、貰っちゃっていいんすか?」と、ロッテファンは喜び、それを見て巨人ファンは心底ホッとした。ついでに3つの三振の内二人が元・巨人の大田泰示、ビヤヌエバだった事には、ちょっと笑った。

 マジでこの6回表だけは巨人ファン達も、中日戦に登板しているエース・菅野の投球を差し置いて、一球速報やDAZNをこっちのチャンネルに合わせてた人はかなり多かったと思う。

 久々に感じた、シビれる場面(©︎ミスター)での、マジなドキドキ感。

なぜか毎度感じた不安…

 古くは、石毛博史~槙原寛己~M・クルーン~西村健太郎に連なる、劇場型ストッパーの系譜を見事に継いだ、あの15~16シーズンの記憶。

 15年は36s、16年は37sでセーブ王も取ってるのに、なぜだか毎度感じた不安感。気合満点でやって来たはいいけれど、初球が高めのボールだったりすると、いきなり空気がピリついた。

 おいおいまだ一球しか投げてねーじゃん!2点勝ってるし!!などと楽観的なフォローは入らず、そのままフォアボールでドーム溜息、までが一連のムーブ。

 9回表だけで15~20分かけて結局0点とか、なんだかんだで抑えるという心臓に悪い試合が多々あった(あの暴投とかね)。