昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

 千葉県市原市生まれの小島は、サラリーマンの父と専業主婦の母、2歳年下の弟に囲まれて、緑豊かなベッドタウンで育った。小学校時代の同級生は「当時、女子からは “るり”と呼ばれていて、クラスの人気者でしたよ」と小島との思い出を振り返る。

小学校の卒業アルバムに掲載された小島(同級生提供)

小学校時代に毎年チョコを渡した同級生

「小島は当時から可愛くて、クラスの象徴みたいな存在でした。担任の先生は厳しい方だったのですが、小島は人当たりがよく、彼女だけは何をしても怒られなかった。小島のことを好きな男子もたくさんいました。しかし小島は小1から小6まで同級生のBくんに毎年バレンタインデーのチョコをあげていたんです。Bくんはハーフっぽい顔立ちのイケメンだったので、敵わないなとみんなあきらめていました」

小学校時代の小島(同級生提供)

 

小学校時代の小島(同級生提供)

《チョ~かっこいいかれしは、いますか? ルリコ》

「小島は明るく元気な女の子でしたが、大人びているところもあって、卒業アルバムには将来の自分に向けて《お金持ちになって、世界一周りょこう中カナ? たぶん家は、お城だよネ! チョ~かっこいいかれしは、いますか? ルリコ》と書いていました。小学校の頃から『アイドルになりたい』とはよく言っていましたよ」(同前)

小学校時代の文集(同級生提供)

 小島はその後、地元の公立中学に進学。当時からすでに、現在に通じる才色兼備の片鱗を見せていたようだ。