昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

損害賠償は5億円超? “大麻逮捕”伊勢谷友介の「翔んで埼玉」トラブル

「伊勢谷さんの場合は、現状ですでに出演映画の公開が4本も予定されている。その中には大ヒットしている映画『るろうに剣心』の“最終章”2部作もあり、影響は大きい。昨年コカインで逮捕されたピエール瀧さんの賠償金が5億円と言われていましたが、その金額が本当だとしたらそれを下回ることはないと思います」(広告代理店社員)

伊勢谷友介 ©AFLO

 9月8日、俳優の伊勢谷友介容疑者が、目黒区内の自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。演技派俳優として映画・ドラマの人気作に多く出演してきただけに、その衝撃は各所に広がっている。

逮捕前の撮影での様子は……

 逮捕直前の6日には来年公開予定の吉永小百合主演映画「いのちの停車場」の撮影にも参加していた。

「いのちの停車場」主演を務める吉永小百合 ©文藝春秋

「伊勢谷さんは四肢麻痺患者のIT企業社長役。出番がそれほど多くないこともあって、撮影自体はこの日1日だけの弾丸撮影でした。当日は特に変わった様子は見せていなかったのですが……。伊勢谷さんの逮捕が報道された8日も映画の撮影中だったため、主演の吉永さんとたまたま現場にいた東映の会長が話し合いをしていました。主演の吉永さんが特段、慌てる様子を見せなかったのはさすがだと思いましたが」(撮影スタッフ)

 撮影時、伊勢谷容疑者の周囲には小さな変化もあったという。

ヒット作となった映画「るろうに剣心」シリーズは二作目から出演

「伊勢谷さんはいつも撮影にマネージャーとは別に“付き人”を連れてくるんです。ただ、近年の伊勢谷さんはいわゆる『意識高い系』。普段の会話もビジネスや環境問題に関する話を妙にハイテンションで語ることが多かった。そういうこともあってか最近は付き人が結構コロコロ変わるんです。この日も昨年撮影した映画『翔んで埼玉』の時とは違う人になっていて、『また変わったのか』と思いました」(同前)

 昨年ヒットしたその「翔んで埼玉」でも、小さなトラブルがあったという。