昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

石井一成が実はキーマンだ

 9月最初の「天保山」決戦に話を戻そう。危うく3タテを食らいそうになった。とにかくペーニャに打たれ過ぎである。それから打線が「線」としてさっぱり機能しない。3対4、0対3(涌井6年ぶり完封!)と2つ落とし、第3戦もあっさり同点にされて嫌なムードだった。聞けばロッテの「同一カード3連勝」は今季初になるらしい。やばいぞ、3つ取られたら2.5ゲーム差まで接近してしまう。世間はパのブービー争いなぞ何の興味もないだろうが、当事者にとっては大事な話だ。

 そうしたら7回表、伏兵・石井一成がライトへ第3号3ランである。これで救われた。第3戦を取って、ゲーム差は2.5ではなく4.5。大違いだ。ロッテは中継ぎ、抑えがいいから(僕は大谷、有吉すごい好き)、後ろのイニングで点を取るのは難しい。よく打ってくれた。内角球を回転でさばいたナイスバッティングだ。

 石井一成は試合を重ねるにつれ元気がなくなり、こぢんまりしてしまって、1軍に置いとくのが難しいとこだなという感じだった。一度、2軍に落として、1番打者を経験させたのだ。「積極性を思い出せ」というメッセージだった。僕は石井は小さなところで自信があるのだと思う。成長のためにはそれを壊してやったほうがいい。石井にもっとガツガツ野性味が出たら下位打線がガラッと変わる。ケガで欠場している中島卓也も変わる。実はキーマンだ。残り試合、どこまで新しい姿を見せられるか注目したい。

天保山決戦で決勝の3号3ランを放った石井一成 ©時事通信社

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイトhttp://bunshun.jp/articles/4063でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー