昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ石原さとみは「普通の会社員」を選んだのか……山下智久や前田裕二になくて“一般男性”にあるもの

 女優石原さとみ(33)が10月1日、“一般男性”と年内に結婚することを発表した。

「彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました」。その上でスポーツ紙には、所属事務所を通じ、お相手を「同世代で普通の会社員」と説明。出会い、共通点、結婚の決め手になったポイントなどについて具体的な回答を寄せている。おさらいしてみよう。

石原さとみ ©️AFLO

事務所が発表した“結婚の理由”

・出会い=「友人夫婦を通じて出会った」


・第一印象=「表情が豊かでよく笑う方。会話のテンポが一緒で話をしていて楽しい」


・性格=「ポジティブ。ここ数ヶ月、つらい出来事がたくさんがありネガティブになりがちな自分の気持ちをふんばらせ、一緒に考えて前に進ませてくれた」


・共通点=「好奇心と知識欲が強く、疑問を感じたり、知りたいことがあると2人で調べて一緒に発見していく」

「生活の基本となる価値観が似ている。それぞれの家族をお互いにちゃんと大切にし、家族との時間が最も重要なものだとする親孝行への考え方も一緒」


・決め手=「初めて彼の家族に会ったときに、『私もこの人たちと家族になりたい』と思い、涙が出るほど温かい安心した気持ちになって涙が出てきた」

「彼がテレワークをしていた際、後輩への教え方がものすごく丁寧で、歴史上の人物や経営者など自分が感銘を受けた人の言葉を交えながら、相手が楽しく仕事ができるように指導していた」

 出会いは今春といい、交際期間は半年。2人の付き合いについては、どのメディアにも報じられておらず、文字通りの電撃発表だった。