昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 その頃、石原は日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」に主演していたが、視聴率は振るわずに、イライラを募らせていた。放送を見ていて、編集やCMを入れるタイミングに疑問が生じると、すぐに関係者に電話して「何でなの」と抗議することもあったという。そんな一面に接して、前田氏は、親交のある人物に「驚かされる部分もある」と漏らしている。

石原さとみは“どんどん追うタイプ”

 それでも、前田氏は石原を受け止めていたが、結局19年の1月には半同棲を解消。石原は距離を取りながらの交際を望んでいたようだが、約3カ月後には破局を迎えている。

©️文藝春秋

「石原さんはあれだけの魅力がありながら、好きになった相手への要求が高く、どんどん追うタイプなんですよ。だから、自分がどう思われているのかも気になるし、余裕もなくなる。前田さんは半同棲を解消した時点で『結婚は難しい』と感じ、石原さんも『相手が結婚する気がないのなら、交際を続けていても仕方ない』と思い、別れを決意した。山下さんと別れた理由も似たようなものだったと聞いています」(2人の知人)

 そして、石原は「普通の会社員」との結婚発表に至った。あらゆる価値観が一致し、相手の家族と会って、「私もこの人たちと家族になりたい」と感じたということは、育ってきた環境が似ていたということか。今後も女優を続けていく石原は、“一般男性”とどんな「未来予想図」を描いているのか……それも気になるところだ。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(15枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー