昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「阿佐ヶ谷から出たいんです」発言に事務所の回答は……

 地元・阿佐ヶ谷ではこんな声が。

「20年前から彼女たちを知っていますが、仕事に遅れそうなのか、よく駅に向かって走っていく姿を見ます。忘れ物も多いのか、行ったり来たりすることも(笑)。先代が亡くなったときには仏壇に手を合わせて歌を歌ってくれました」(老舗煎餅屋店主)

阿佐谷姉妹 ©時事通信社

 

 行きつけの中華料理屋では“本音”も漏れているようで……。店主が語る。

「いつも『今日は倉敷に行って来ました』とか仕事の報告をしてくれる。よく頼むのはレバニラ。『歌ばっかり歌うのはダメだよ』とか思ったことを構わず言っちゃうけど黙って聞いてくれる。そういえば、前に美穂さんが『阿佐ヶ谷から出たいんです』と言っていた」

 阿佐ヶ谷姉妹が阿佐ヶ谷在住じゃなくなる……!? 所属事務所に訊くと、活動の中では阿佐ヶ谷を出たいという趣旨の発言をしたことはない、とした上で、

「(アパートが)手狭になったという気持ちはあるのですが、阿佐ヶ谷を離れたり、コンビ名を変えたりする可能性はございません」

 と回答。

 姉妹は密着しすぎず、でも地域には密着路線。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー