昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/30

source : 文藝春秋 2011年12月号

genre : ニュース, 社会, 映画

「複数の子どもがいる場所」は、捜査線上にも浮かんでいた

 しかし残念ながら、そのテープそのものは行方がわからず、今回実際に鑑定にかけることができなかった。また、別の捜査員からは「障害ではなく、読み書きができない子、もしくは幼くて字が読めない子ではないか」という情報や「子どもが口に何かモノを挟んでいるような感じ」という情報もあり、最終的な決め手にかけた。そのため、「4人目」の存在を番組に入れることは放送直前で取りやめた。

 実は、「複数の子どもがいる場所」は、当時、捜査線上にも浮かんでいた。しかし、踏み込んだ捜査は行われなかった。今回、取材班は独自にそうした場所への取材を試みたが、当時を知る関係者からは「警察が何度か捜査に訪れたことは記憶しているものの、事件との関係はとうてい考えられない」という回答しか得られなかった。

 いずれにせよ、今回新たに浮かび上がった「複数の子どもたち」という鑑定結果は、「グリコ・森永事件」の底知れぬ闇を私たちに突きつけることとなった。子どもたちは、いま30代から40代になっていると考えられる。事件の記憶もあるはずだ。なぜ話が全く漏れてこないのか。それとも話すことができない理由があるのだろうか……。

写真はイメージ ©iStock.com

キツネ目の男と滋賀県警

 番組では、もう一つ大きな「スクープ」があった。これまで警察関係者の間でも、ほとんど知られていなかったある未解決の“秘話”である。

 のちに「似顔絵」が出たことで有名になるが、大阪府警捜査一課特殊班の捜査員7人が目撃した不審人物に「キツネ目の男」がいる。1度目は、丸大と犯人グループの取引現場となった国鉄車内で、また2度目は、ハウスとの取引現場となった名神高速道路上のサービスエリアで目撃された。2度に渡って現場に姿を現した「キツネ目」を、特殊班はキツネ=FOXの「F」と呼び、以降時効まで追い続けることになる。

 ところが今回の取材で、この「キツネ目の男」が滋賀県警の捜査員にも目撃されていた、という大阪府警さえ知らなかった事実が明らかになった。

「【グリコ・森永事件】Nスペ『未解決事件』取材班 放送できなかった『4人目の子どもの声』」の全文は、「文藝春秋digital」で公開中です。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z