昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

衝撃的だったアメカジ風タンクトップ姿

 大学に入学された後も、「週刊女性」(2015年6月2日号)で佳子さまの“大胆なお姿”が掲載され、注目を集めた。

「ICUの新入生が参加する合宿で『アメリカンイーグル』のマッチョ型タンクトップをお召しになっていた。背中からは重ね着をしているキャミソールの紐も覗いていました。『アバクロンビー&フィッチ』銀座店にも訪れられるようで、当時はアメカジファッションがお好きなようでした。リーズ大学にご留学されている時には、ライダースジャケットもよくお召しになっていたようですよ」(前出・皇室ジャーナリスト)

2013年9月、悠仁さまお誕生日の際に公開されたお写真(宮内庁提供)

「女性自身」(2018年10月31日公開記事)では、ショッキングピンクのトップスにデニム、スニーカー姿というラフな装いで、コンビニエンスストアで買い物をするお姿も報じられている。前出のスタイリストが解説する。

「キレイめのノンウォッシュのインディゴカラーデニムに、鮮やかなピンクを足すというバランスが素敵ですね。カジュアルな装いで親近感がありますが、決して下品にはならない。黒の太縁メガネもポイントになっていました。

 当時、アメリカンイーグルやアバクロはとても人気でした。“アメリカのイケてる大学生”を象徴するようなブランドで派手なデザインも多いのですが、スラッとしたスタイルの佳子さまは上手に着こなされていました」

編み込みアレンジからねじりアレンジへ

 アメカジ系ファッションから大人の女性らしい装いへと変化している佳子さま。実は、服装以外にも変化しているところがある。佳子さまがよくなさっていた編み込みヘアだ。

2016年9月、悠仁さまお誕生日の際に公開されたお写真(宮内庁提供)

 編み込みヘアはテイラー・スウィフトやパリス・ヒルトンらハリウッドセレブから流行し、佳子さまは2012年の秋篠宮さまのお誕生日に公開されたご近影や、学習院高等科の卒業式、伊勢神宮参拝でもこの髪型をされている。佳子さまをご参考になさったのか、愛子さまも同様のヘアスタイルでチェロの演奏会に臨むこともあった。

「しかし、今回は編み込みではなく“ねじりアレンジ”をされています。ここ数年はかっちりと編み込むより、佳子さまのようにサイドを緩やかにねじったり、2つの毛束を編むロープ編みといった、ふんわりとした“抜け感”があるニュアンスが流行っています。最近は美容師がこうしたヘアアレンジをInstagramにたくさんアップしているので、佳子さまもご覧になっているのかもしれません。

 メイクもご自身で研究されているのでしょう。時代に合わせて繊細に変化させていらっしゃる印象を受けます。今回のご近影でも落ち着いた色味の口紅使いが秋らしくて素敵でした。眞子さまも似たお色をつけていらしたので、おふたりの仲の良さが際立つメイクでした」(同前)