昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《佳子さまファッションに変化》大胆タンクトップから“透け感”を楽しむ「赤文字系フェミニン」へ ヴァンクリ風イヤリング、レーススカート……

 10月23日、秋篠宮家の長女・眞子さまが29歳のお誕生日を迎えられた。宮内庁から公開された10月6日に撮影されたご近影には、お住まいのある赤坂御用地を次女の佳子さまと談笑しながら散策し、庭園に咲く百日紅の赤い花をインスタントカメラ「チェキ」で撮影するお姿が収められていた。

眞子さまのお誕生日に公開されたお写真。佳子さまと仲睦まじく赤坂御用地を散策される様子が収められている(宮内庁提供)

「2020年の今年は小室圭さんとの結婚延期の期限とされていましたが、コロナ禍の影響もあり、今年中のご結婚は難しいとみられています。それどころか、側近が発表をほのめかした眞子さまの『お気持ち発表』さえもまだ実現していない。11月8日に立皇嗣の礼を無事に執り行い、11月30日に迎えられる父・秋篠宮さまの55歳の誕生日会見の際には、眞子さまのご結婚について何らかのコメントをなさるのではないかといわれています」(皇室ジャーナリスト)

控えめながらこだわりを感じる眞子さまらしいファッション

 新型コロナウイルスの感染拡大はご公務にも影響を与えている。外出が制限されるなか、眞子さまはオンラインを利用して新型コロナに関する各分野の専門家に話を聞いたり、在宅で博物館の業務に取り組んだりなど、意欲的に日々を過ごされているという。

眞子さまのお誕生日に公開されたお写真。お2人とも長袖トップスにロングスカート、ショートブーツと似たアイテムをお召しになっているが、それぞれの個性がさりげなく光る(宮内庁提供)

「ご不安もおありでしょうが、それを感じさせない凛とした佇まいには眞子さまの芯の強さを感じます。ご近影でお召しになっていた大人の女性らしいシックな色合いのセーターとロングスカートもとてもよくお似合いでした。かねてよりスタンダードなファッションを好まれる印象ですが、今回はそこにパールのイヤリングやゴールドのペンダントを合わせていらっしゃいました。控えめながらこだわりを感じる、眞子さまらしいファッションを貫かれていると拝察しました」(同前)

 一方、ご近影で眞子さまの隣で笑顔を見せられていた佳子さまは「お洋服の雰囲気がガラッと変わられたようにお見受けします」(同前)という。

「宮内庁から公開されるお写真の佳子さまは、カジュアルな装いをされていることが多かったのですが、今回は白いニットにレース地のベージュスカートと、とても大人びたファッションでした。昨年12月に迎えられた25歳のお誕生日には、サックスブルーのダッフルコートをお召しになっていて大人っぽくなられたと話題になりましたが、今年になって披露されたファッションでは、一段と華やかな女性らしさが加わっている印象です」(同前)

2019年12月、佳子さまお誕生日の際に公開されたお写真(宮内庁提供)