昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スカート丈にもこだわりが 眞子さまと佳子さま、それぞれの“ファッション観”

平成皇室のファッション #5

2019/04/30

genre : ニュース, 社会

 秋篠宮家の長女・眞子さま(27)と次女・佳子さま(24)は、3月24日にご姉妹でサントリーホールを訪れられ、「千葉県少年少女オーケストラ東京公演」を鑑賞された。アンコールの曲では、観客と一緒に眞子さまと佳子さまも手拍子を送られたという。

眞子さまと佳子さま ©JMPA

 肩を並べてお座りになり、和やかな雰囲気で何かを話し合っていらしたご様子のお二人。しかし、その2日前に佳子さまが国際基督教大学(ICU)ご卒業に際して宮内記者会の質問に回答された文書には、眞子さまのご結婚関係儀式の延期についてのお気持ちがはっきりと綴られていた。

「姉が結婚に関する儀式を延期していることについてですが、私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。ですので、姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」

公務スタイルから素顔まで「まるで対照的」

 姉の眞子さまは「妹とは友人のような間柄で、家族の中では一番会話をすることが多いのではないかと思います」(眞子さまICUご卒業に際しての文書回答)と述べられたことがある。だが3歳差のご姉妹について、公務スタイルから素顔まで「まるで対照的」と語る関係者は多かった。

2015年1月2日の「新年一般参賀」 ©ロイター/AFLO

 眞子さまは2020年までご結婚を延期され、佳子さまがイギリス・リーズ大学留学から帰国、ICUを卒業されたことで、ご姉妹そろって公の場へ姿を見せられる機会も増えている。ここ数年のお二人のファッションから、それぞれの“メッセージ”を読み解いてみたい。