昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/16

genre : ニュース, 社会

さらなる「宿題」を出される前に発表した?

 事実、お気持ち発表の際、秋篠宮家を支える皇嗣職トップの加地隆治皇嗣職大夫は眞子さまが「できるだけ早い時期にお知らせすべきとお考えになった」と説明している。

2020年、眞子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 一方、加地大夫は秋篠宮ご夫妻が「(お二人の)気持ちを尊重されている」とも述べており、文章にもご夫妻の「理解を得た」と綴られてはいるが、諸手を挙げての賛成というよりは、眞子さまの執念のようなものに根負けされたとしか思えない状況だけに、今年の誕生日会見で3つ目の宿題を出される可能性もあることから、その前に2つ目の宿題をクリアしておきたかったのだと考えれば、この時期のお気持ち発表は確かに腑に落ちる。

内親王眞子 小室圭 婚約内定 記者会見 ©JMPA

「お代替わりに伴う儀式は国事行為以外にもあり、立皇嗣の礼を終えたことを受けて伊勢神宮、奈良の神武天皇陵、武蔵野陵(昭和天皇陵)のご参拝が残されています。これはコロナの影響で無期限延期が決まっており、これを理由に文章の発表時期を越年させることも可能でしたが、眞子さまはむしろそれを嫌ったわけです。無期限延期には、ご結婚の意志に変わりがないことを改めて明確にすることを先延ばしにさせようとする意図があると、眞子さまは受け取られたのかもしれません。

 天皇・皇后両陛下は眞子さまにとって伯父と伯母です。ご結婚の意志に強く異論を唱えることはないであろうことは、容易に想像がつきます。一旦、ご結婚を裁可された上皇陛下も然りです。文章の発表の前にご了承を事実上取り付けるというのは、賢明なご判断と言えるでしょう。ただ、上皇后陛下も納得されたというのは意外でした。