昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サッカー代理人はなぜ「悪魔」と呼ばれるのか?

『フットボールアルケミスト』#1

2020/11/17

フットボール代理人――。それは選手に代わり、契約や移籍を執り行う存在だ。1つの移籍で天文学的な金額を動かす彼らの別名は“錬金術師”(アルケミスト)。 敏腕だが悪名高い代理人・先崎のもとでインターンをすることになった大学生・夏目リサ。大金と権力、複雑な思惑が絡み合う世界で選手のため、フットボールのため奮闘する代理人の姿を描く。

フットボールアルケミスト』(木崎伸也(原作)/12Log(漫画))は、2019年11月より「ヤングアニマル」(白泉社)にて連載開始。選手の代わりにクラブと交渉し、よりよい条件を提案するサッカー代理人をテーマに、敏腕代理人の先崎とインターンとして採用されたリサの活躍と成長を描く。2020年10月に第2巻が発売。

この記事の写真(48枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー