昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

デート場所は決まって一人暮らしの鶴嶋の家

 鶴嶋は今年12月8日放送の「グータンヌーボ2」(フジテレビ系)に出演し、自身の恋愛観について、「(彼氏が異性と)2人でご飯とか問題外」「男友達はいない」「自分だけを見てくれる人が大切」「24、25歳までには結婚したい」と話した。また、男性の好みについては「眉毛が整っている、肌の色が白い、黒髪が似合う、カルピスが似合う人」と発言。まさに佐藤の特徴がぴったり当てはまる理想像を表現していた。

鶴嶋乃愛 本人インスタグラムより

「佐藤くんとの関係は、ごく限られた人しか知らず、デートは決まって一人暮らしの乃愛ちゃんの家。佐藤くんが翌日に仕事の日や学校がある日もお泊まりしています。乃愛ちゃんの部屋の合鍵も佐藤くんに渡すほどの関係です」(鶴嶋の知人)

決定的瞬間を捉えた写真

「文春オンライン」特集班が初めて2人の逢瀬を目撃したのは12月8日。東京・日比谷の帝国劇場で、出演する舞台「DREAM BOYS」の仕事を終えた佐藤は、その日の22時、都内郊外にある鶴嶋のマンションに到着した。

12月9日朝、鶴嶋の部屋を出る佐藤 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 鶴嶋の部屋の玄関ドアは外からでも人の出入りが確認できる位置にあるのだが、佐藤は、外から見えぬよう共用廊下をしゃがみながら進むなど細心の注意を払って、彼女の部屋へと入っていった。

 翌朝7時30分、佐藤は制服姿でマンションを出ると、全速力で最寄り駅に駆け込み、電車に飛び乗った。

12月11日、昼過ぎ鶴嶋の家を出た佐藤 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 また、それから2日後の12月10日21時30分。この日の佐藤は白いパーカー姿で相変わらず周囲を警戒しながら、鶴嶋の部屋に入っていった。

10日、鶴嶋の部屋へ入る佐藤 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 

部屋へ入る鶴嶋 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 佐藤は翌日の昼過ぎに鶴嶋の部屋から出てきた。鶴嶋が午前中に先にマンションを出た後も、彼女の部屋に滞在していたようだ。