昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元カレの結婚式に呼ばれた主人公の復讐劇が話題に。あなたのまわりにも一人はいる、可愛くて怖い女の子の物語

山田詠美原作のマンガ『タイニーストーリーズ』より短編1本を紹介

2021/01/27

source : 文春コミック

genre : エンタメ, 読書

 病院にシクラメンの鉢植えを持ってきてしまい、「あんたそのトシで御見舞に鉢植えがタブーってことほんとに知らなかったの!?」と大目玉を食らう主人公――。

© 内田春菊/文藝春秋

 そんな描写から始まる短編『宿り木』は、山田詠美さんが原作、内田春菊さんがマンガを手がける短編コミック集『タイニーストーリーズ』に収録されている1篇。

 人当たりがいいけれど腹の底が読めない女性による、衝撃的なストーリーをお楽しみください。『宿り木』前編を読むにはこちら

モデルとして活躍する従姉と、短大を出ても就職できなかった私

© 内田春菊/文藝春秋

「私」の従姉の舞子は幼い頃から美しく賢く、今はモデルとして成功しています。
一方の「私」はというと、ぐずでのろま。学生時代から舞子に付き従い、その関係は「王女と小間使い」そのもの。大きくなっても関係性は変わらず、短大を出ても就職できなかった「私」は、舞子に養われています。

© 内田春菊/文藝春秋

 ある日、「そうだ 私も結婚式に出ないとならなくて」と切り出す「私」に、間髪入れずに「白いドレスで行っちゃ駄目よ!! 白を着るのは花嫁だけの特権なの」と釘をさす舞子。「私」は「良かった 聞いといて!! ありがとう」と喜ぶものの、実際に式に着て行ったのは――。

© 内田春菊/文藝春秋

 舞子の白いドレスでした。「私」のきらびやかな装いに、周囲は騒然となります。