昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

一般住宅だけじゃない…知られざる「遺体が発見されたホテルの特殊清掃」

『不浄を拭うひと』#3「最期に見たい景色」

 コロナ禍で自殺率の上昇、孤独死がさらに深刻な問題となる中、そうした孤独死などの変死体があった屋内外などの原状回復をサポートする「特殊清掃」の仕事を扱った漫画『不浄を拭うひと』が話題になっている。

 今回はその1巻から、1、2、そして4話をお届けする。

 電子書籍で200万DLを突破し、話題となったマンガ『不浄を拭うひと』(沖田×華/原案協力:天池康夫(ラストクリーニング茨城代表))。39歳で1児の父の主人公はサラリーマンとしてごくごく普通の人生を送っていたが、脱サラ後、特殊清掃の仕事を開始。請け負うのは遺品整理、ゴミ屋敷の清掃、そして亡くなった人の部屋を原状復帰させる“特殊清掃”。警察が検死のために遺体を回収した後、山田は清掃の現場に出向いていく――。

不浄を拭うひと(1) (ぶんか社コミックス)

沖田×華

ぶんか社

2019年11月14日 発売

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー