昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アマダーがポストシーズンのキーマンに……?

 さて、そんな意外性の男ジャフェット・アマダー選手、今シーズンも相変わらず魅せてくれている。

 4月25日の東京ドームでのマリーンズ戦、登場曲をNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニングテーマ曲に内緒で変更され、明らかにスネてみたかと思えば、5月に入り満塁ホームランを放つも、照れ屋さん故にヒーローインタビューを拒否、かみじょうたけし発案のお立ち台での「照れてるんですよぉー!」はもちろん却下。

 6月の月間ヒットはたったの4本で、このままズルズルいくのかと思ったファンも多いはず。しかーし、いつも僕らを驚かせてくれるジャフェット・アマダー選手。7月に入り別人のように打ちだした。楽天の選手では誰もなし得ていない3打席連続ホームランを放つと、月間ホームランは8本。前の月ヒットが4本の選手がホームラン8本なのだからもうよくわからない。8月も好調をキープして、月間25安打は打撃陣不調のチームの中でナンバーワンの数字であった。9月2日のホークス戦で東浜巨投手の内角高めの球に激昂し、退場処分なんかにも驚かされたが、9月19日ファイターズ戦の20号ホームランで同一球団の外国人選手3人が20本塁打以上を記録。これはプロ野球史上初の快挙だという。

 おい、大丈夫か? という所から楽天の球団新やプロ野球記録まで作ってしまうのだから、もはや、こないだフラッと入った仙台のbarで何気なく振り向くと後ろでアマダー選手が飲んでた事ぐらいではさほど驚かなかった自分がいた。

 さぁ、この意外性の男ジャフェット・アマダー選手がクライマックスシリーズのキーマンになるのではないかと密かに考えている。今シーズンのライオンズとの相性を調べてみた。

 打率.183、安打11、本塁打2、打点6。

 他4球団と比べても全てで最も低い数字であった。

 しかーし、これは意外性の男が大活躍できるいいフリになっていると考えられないだろうか!?

「ジャフェット・アマダー!」

 ポストシーズンの大活躍期待しています!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2017」実施中。この企画は、12人の執筆者がひいきの球団を担当し、野球コラムで戦うペナントレースです。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/4345 でHITボタンを押してください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー