昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/19

「気まぐれプリンセス」の光井愛佳ソロバージョンは、ものすごく良かった。帽子と細い眉毛が似合い、カメラに向かってバシリバシリと鋭い眼光を決める彼女は、スタイリッシュ! 歌割関係なく魅せる心意気といおうか、光井の高いモチベーションに唸った動画の一つである。現在彼女は芸能活動をされていないようだが、個人的に大好きなルックスと佇まいだった。

【動画】「気まぐれプリンス」光井愛佳ソロバージョン

アイドル全盛期での「もがきと達観」

 プラチナ期の放つ湿気と上質な重みは、時代背景も大きくリンクしている。高橋愛がリーダーに就任した2007年にYouTube日本版がサービス開始。2008年にFacebook、Twitter日本語版がサービス開始。さらにアイドル業界では、AKB48が「RIVER」で認知度を一気に高めたのが2009年。ももいろクローバーが「行くぜっ!怪盗少女」でメジャーデビューを果たしたのが2010年。

 ネットサービスの大変動、アイドルグループ大流行のWパンチにぶち当たったプラチナ期のパフォーマンスには、もがきと達観の両極端がまぜこぜに見え、だからこそ、ボディブローのようにジワジワ感動してしまうのである。

 それから約10年が経った今、「風の時代」に突入。誰もが宣伝隊長となり、SNSで好きだと思ったものを拡散しブームにできる。しかもそれを自宅で楽しめる! 特別な広告宣伝媒体に頼らずとも、カッコいいものが残る時代だ。プラチナ期はこれからも新たなファンを生み続けるだろう。

 が、だからこそ個人的に、「土の時代」の楽しみ方に未練もある。

(左から)高橋愛、久住小春、新垣里沙 ©getty

「もっと早く知ってほしかったな」

 ライブ会場で汗をかきながらサイリウムを振り、横の人と肩をぶつけ、大声でコールをし、握手会に並び、ファミレスでファン仲間と密になり興奮を語る――。

「とりあえず家で楽しんで、いつか参戦しよう」。その「いつか」がここまで難しくなる日が来るとは思わなかった。 

 新垣里沙も自身のYouTubeチャンネル「RisanTube」の「プラチナ期の事について...みんなありがとう!」にて、穏やかな笑顔で当時をこう語っている。

「正直、もっと早く知ってほしかったな、あの頃の私たちを」。

 ああ、溢るる感情、抑えちゃならんかったのさ……。当時の私の背後にタイムマシンを止め、後頭部を張り倒したい。行きたいなら、なんだかんだモジモジせず行けよ現場に、と! 

 映画「あの頃。」は楽しみだが、鑑賞後、センチメンタル気分に陥る可能性大。羨ましさと切なさと後悔で心がパンパンになりそうだ。

 モーニング娘。'21は3月31日に、グループにとって約3年4カ月ぶりとなるニューアルバム「16th~That's J-POP~」をリリースする。とにかくまずはこれを聴き「これから。」に備えよう。早く、大声でコールできる日が来ますように。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー