昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

衝撃のエプロン姿での撮影も…… 「何をしてでも生き残る」芸能生活20周年・ソニンの“波乱万丈”

10月18日はソニン芸能生活20周年

2020/10/18

 歌手・女優のソニンがきょう10月18日、芸能生活20周年を迎えた。これに合わせて「SONIM's 20th ANNIVERSARY LIVE 『Cheers.』」が東京・日本橋三井ホールで本日2回にわたり開催される(配信もあり)。今月14日には、20周年記念シングルとして「ずっとそばにいてね。」もリリースされた。同シングルは、ソニンたっての希望で、デビュー当初のプロデューサーであるつんく♂が楽曲を提供したものだ。女優としても、来月には帝国劇場でのミュージカル『ビューティフル』の3年ぶりの再演を控える。

2020年撮影  @時事通信社

つんく♂プロデュース「EE JUMP」でデビューするも……

つんく♂2005年撮影 @文藝春秋

 ソニンは15歳のとき、SPEEDのライブを見たその日に歌手になると決めたという。実力試しに受けたオーディションで、合格はしなかったものの、審査員の1人だった事務所社長から後日連絡があり、そこから男女複合のダンスボーカルユニット「EE JUMP」でのデビューが決まる。こうして17歳だった2000年10月18日、EE JUMPの1stシングル「LOVE IS ENERGY!」がリリースされた。

 EE JUMPは、プロデューサーをこのころモーニング娘。で飛ぶ鳥を落とす勢いだったつんく♂が務め、もう1人のメンバーであるユウキも、当時モーニング娘。に在籍した後藤真希の弟とあって話題を呼んだ。だが、ユウキは2年目に3rdシングル「おっととっと夏だぜ!」がヒットした矢先、行方をくらまし、グループでのイベントやテレビ出演をソニン1人でこなすはめになる。その後、ユウキは謹慎を経て復帰するも、2002年に写真週刊誌でスキャンダルが報じられ、責任をとって脱退する。これによりEE JUMPは事実上解散、すでに決まっていた1stアルバムの発売も中止された。

3rdシングル「おっととっと夏だぜ!」がヒットしたが、その後ユウキは脱退

裸エプロンの『カレーライスの女』

2002年発売「カレーライスの女」

 いきなり崖っぷちに立たされたソニンは、芸能界に残るため、さまざまな試練が与えられる。テレビ番組の企画で、出身地の高知から祖父の故郷である韓国・居昌まで570キロをマラソンしたり、5万4600個のドミノを1人で6日間かけて並べたりしたほか、ソニン名義での1stシングル「カレーライスの女」(2002年8月)のジャケット写真は裸にエプロンという姿で撮影した。いまの感覚からすれば、そこまでやらせなくても……という気もするが、こうした体当たりの挑戦によって彼女が注目され、仕事も広がっていったことは間違いない。彼女自身、のちに振り返って《『より多くの人に歌を届けたい』という夢を叶えるためなら、何をしてでもこの世界に残って力をつけていくしかないと思っていましたね。ハチャメチャだったかもしれないけど、そのお陰で私は強くなれました》と語っている(※1)。